ご飯鍋・土鍋料理(レシピ)

  1. 六鍋のご飯鍋でおいしいご飯を炊く炊き方

    炊飯器で保温したご飯を食べるよりも、食べる都度に6つの特徴をもった土鍋専門店の六鍋のご飯鍋でご飯を炊くことで、いつも温かくおいしいご飯を食べられます。

  2. ご飯鍋で豪華な「鯛めし」を作ってみましょう

    日本にはたくさんの節句があります。お正月、節分、おひな様、子どもの日などなど、節目節目に集い食事をする、なんて素敵な文化が息づいているのでしょう。 節句の時だけでなく、誕生日や結婚記念日など、家族で祝いたい日はたくさんあります。

  3. ふぐ鍋をしました。

    河豚鍋友人が、ふぐ鍋をしたいと言う事で買ってきてくれたので早速調理しました。アラと白子とヒレだけで京都の錦市場で結構なお値段だっそうです。。顔がグロテスクになっていますねwww  始めはアラで出汁をとって野菜と煮ました。アラも隅々まで頂きました。

  4. 土鍋で楽しくホームパーティーを

    最近流行っている、友達家族や職場仲間、親族などを集めた大人数でのホームパーティーに主食系のものに何を創るか悩まれる方も多いでしょう。

  5. ご飯鍋を利用した白米の美味しい炊き方

    ご飯鍋を使った白米の炊き方は、お米を洗って水を入れ、加熱して、蒸らすという4つのステップに分かれています。お米を洗う際にはまず、ボウルに白米とたっぷりの水を入れて手で10回ほどかき回し、濁った水を捨てるという動作を3度ほど繰り返します。

  6. ご飯鍋で作りたい絶品「栗ご飯」

    「鍋の美味しい季節」と聞いた時、真っ先に頭に浮かぶイメージは土鍋なのではないでしょうか。土鍋は、日本に古くからある調理器具の一つです。 土鍋をみるだけで、なんだか懐かしい気持ちになりませんか。 ご飯鍋は、ご飯を炊くため専用の土鍋で、土鍋の特徴をそのまま受け継いでいます。

  7. ご飯鍋で玄米を炊くときは白米の炊き方との違いを意識しましょう

    土鍋専門店の六鍋のご飯鍋は、白米だけではなく玄米を美味しく炊くのにも利用できるのが魅力です。ただし、白米を炊く場合とは少し違った炊き方のコツがあるので、確認した上で調理を始めることが大切になります。

  8. 炊き方をマスターすればご飯鍋でおいしいご飯が炊けます

    一人暮らしで食事は主に外食、家で食べるにしてもパンやパスタを好んで食べるという人なら、炊飯器の必要性を感じないということもあるでしょう。若い人には特に、ご飯を炊いておかずを作ってというのが面倒ということもあり、パスタのようなワンディッシュで食事という傾向が強くなっています。

  9. ご飯鍋を使った炊き方で、ふっくらおいしいご飯を作りたいなら

    ご飯鍋を使ったおいしいご飯の炊き方は、白米や玄米、具を入れる場合によって若干違ってきます。白米の炊き方は、洗う工程も大切です。米ぬかのついた精米は、そのままで炊いてしまうと臭いが残ってしまい、おいしさを損なってしまいます。

  10. 簡単に料亭の美味しいご飯ができるご飯鍋の炊き方

    旅館や料亭などで食事をすると、コースの最後にご飯が出ることがよくあります。もちろん、ご飯だけでなく香の物や汁物も一緒に出されることが多いのですが、ご飯を楽しんでもらおうという料亭もあります。それだけ美味しいご飯だと自負を持って出しているのでしょう。

ページ上部へ戻る