特徴

  1. 最後まで温かく召し上がってください

    冬の定番調理器具である土鍋寒い季節に欠かせない調理器具の一つに土鍋があります。 毎年、冬の定番のアイテムになっているというご家庭も少なくないでしょう。 頻繁に使う調理器具は、こだわりを持って選んでお気に入りのものを使いたいという方が大半です。

  2. ごはん鍋、使ってみませんか。

    土鍋を手入れしていつまでも美味しく土鍋で炊くごはんはつやつやしていて、格別の味がします。 丁寧な扱い方をしていれば、ずっと使用することができますが、 時には、さらなる手入れが必要となる場合もあります。 美味しい土鍋ごはんを味わうために注意すべきことがあります。

  3. ごはんに違いを出すお店

    美味しいごはんのお店といわれるために日本人は子どもの頃からお米のごはんを食べて育つせいか、食通やグルメと言われる人ではなくても、 ごはんだけにはこだわりがある方も少なくありません。

  4. 使ってみてください

    集客アップやリピーター獲得に活用したい土鍋ごはん炊きたてのごはんをこよなく愛する日本人の心を掴み、 集客アップやリピーターに繋げるには美味しいごはんを提供することは欠かせません。

  5. お米いろいろ、ごはん鍋は六鍋。

    日本人と白いごはんの食べ方日本の主食は言わずと知れた米、つまり白いごはんですが、 東南アジアを中心にお米を主食としている国はたくさんあります。 ただ、これらの国のお米料理を食べることで気づくのが、日本との食べ方の違いです。

  6. 手間なし、シンプルごはん鍋。

    お手入れがシンプルなのが嬉しい六鍋土鍋は使うたびに手間や時間を掛けてお手入れしなければ、 長く使用し続けることはできないのではないかと思っている方も多いかもしれません。 しかし、六鍋のごはん鍋は違います。 簡単なお手入れで安心して使い続けることができます。

  7. ごはん鍋で炊くごはん。

    土鍋で炊くごはんが美味しい理由価格の高い炊飯器が話題となる一方で、ごはん鍋の人気も高まっていることをご存知でしょうか。 炊飯ジャー全盛の時代になぜ土鍋でごはんを炊くのか、疑問に感じるかもしれません。

  8. ごはん鍋で美味しいごはん

    美味しい日本のお米をより美味しくかつて、日本中でお米が不作になり、仕方なく海外から輸入したお米を食べたことがありました。

  9. 思いやる食卓に、ごはん鍋。

    大量生産では実感できない耐久性土鍋を使った経験があるという方が増えてきており、職人としては嬉しことです。 しかし、使いこなすことが難しく、ごはんを炊くこに至っては 上手にできなかったという方も少なくないでしょう。

  10. 自宅で、こだわり土鍋ごはん

    美味しいごはんで力をつけよう日本は飽食の国であり、主食であるごはんを食べなくても、パンをはじめ、 パスタやうどんなどの麺類で炭水化物を食べることができます。 そのため、近年、一人暮らしの人を中心に麺類やパン食がほとんどという人が増えています。

ページ上部へ戻る