ブログ

美味しいごはんのお店

  • 美味しい土鍋ごはんを使えば多くのお客さんが来てくれるかもしれません

評判となっている飲食店では料理の素材や味付けにこだわっているのは勿論のこと、近年では
白いごはんにもこだわりをもっていることに特徴があります。
特に高評価となっている飲食店ではメニュー表に土鍋ごはんと書いてあることも多いですが、
日本人は昔からごはんを食べて育ったため、白いごはんにこだわりがあるお客さんだと
土鍋ごはんが食べたくて来店をする方も多くいます。
美味しいと評判になれば宣伝をしなくても自然とお客さんが集まってきますし、飲食店ではこだわりを持った
土鍋を使用しているところもあり、定食屋や和食店だけでなく、ビビンバや冷麺などを出してくれる韓国系のお店、
またお酒を取り扱っている居酒屋やお弁当屋さんでも提供されています。
土鍋でごはんを炊いているといった特別感で集客効果が得られれば、新たな大型設備投資以上の
効果を得られるのではないでしょうか。
定食屋や弁当屋では一気にごはんをまとめて炊きますが土鍋で炊くときも同じで、
まとめて炊いておけば注文に合わせてごはんを盛ることができますし、ごはんをたくさん炊くことが可能です。
もし炊きたての土鍋ごはんをそのままお客さんへ提供したい場合は、二合炊きや一合炊きの
小さな品を選択してみると良いです。
料亭や和食店などではお客様に見せる白ごはんとして、美しいごはん鍋が必要とされるのならば、
「六鍋」で作られているごはん鍋がおすすめです。
六鍋のごはん鍋は様々なテーブルウェアーに応えてくれます。
全てのごはん鍋は職人が時間をかけて一つひとつ作っている品で、サイズや色・形も取り揃えられています。

  • 美味しい炊きたてごはんや和朝食で話題を集めよう

飲食店やホテルや旅館などお客様に食事の提供をするお店では、いかに素材にこだわり、
美味しい料理を作ってお客を満足させるかがポイントになります。
満足すれば口コミや紹介で客が客を呼び、また、ご本人が友達や家族、同僚などを連れて
リピーターにもなってくれることもあるでしょう。
勝負のポイントはいろいろありますが、お客様の心を掴みたいなら、炊きたてごはんがおすすめです。
もっとも、電気炊飯器や業務用のお釜などで炊いたもの、
パックごはんや冷凍米などではなく、土鍋で丁寧に炊いた本格ごはんです。
家庭では今や電気炊飯器が主流で、中には電気炊飯器も持っておらず、パックごはんや
コンビニのおにぎりや弁当で済ませてしまう方も少なくありません。
とはいえ、面倒だからそうしているのであって、
本当は誰しも、ほかほかのふっくら炊きたてごはんが食べたいのです。
身近なお店やたまに訪れたお店で、こだわりを持って炊かれたごはんが出てくれば喜ぶことでしょう。
土鍋を選ぶ際には一般的な平たい土鍋ではなく、炊飯専用のごはん鍋を選びましょう。
短時間で効率よく炊けて、噴きこぼれなどの心配もなく、業務効率も高まります。
ホテルの朝食といえばビュッフェや焼き立てパンなどが定番ですが、旅先での朝食には和定食の人気も高いです。
「六鍋」の工房なら1合炊きから揃うので、ご予約ごとに一人分ずつ提供することも可能ですし、
ご家族やグループのテーブルごとに人数に合わせて二合炊きや三合炊きなどを出し、
食べたいだけ、お替わり自由で食べていただくにも便利です。
これは六鍋のごはん鍋は保温性が高く、余分な水分を吸収する吸湿性にも
優れているので、おひつ代わりにも使えるためです。
おかゆも炊けるので、ヘルシー志向のお客様に向けて朝がゆ定食などを提供してもいいでしょう。
おかゆは大量に作るより、一人分ずつ炊いたほうが美味しく仕上がり、
自分専用のお鍋に好みの漬物や梅干しなどを入れて
食べるのも楽しく、口コミでも話題をさらうかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る