ブログ

おすすめの ごはん鍋・手軽で扱いやすい土鍋を選んで美味しいごはんを炊いてみよう

手軽で扱いやすい土鍋を選んで美味しいごはんを炊いてみよう

土鍋を使うと、ご飯を美味しく炊くことができます。
土鍋で炊いたご飯は、米の芯までふっくらとして、香りも良くなるのが魅力です。
高性能な電子炊飯器であっても、本物の土鍋で炊いたご飯の美味しさを再現することは難しいでしょう。
美味しいご飯を食べたいけれど、土鍋は重たいし、吹きこぼれたりして扱いが難しそうと考えてしまう方は多いようです。
ですが、ちょっとしたコツさえつかんでしまえば、土鍋でご飯を炊くことはそれほど難しくはないのです。
土鍋で美味しいご飯を炊くコツは、いくつかありますが、特に重要なのが水加減です。
土鍋には、一般的な電気炊飯器のように水を入れる位置を示す線がないので、計量カップなどで適量を図って入れなくてはなりません。
土鍋でご飯を炊く際のお水の量の目安は、お米の約1.2〜1.5倍となります。
新米を使う場合には、お米に含まれている水分が多いので、少し少なめにしておくと良いでしょう。
また、火加減も土鍋で美味しくご飯を炊く際の大切なポイントになってきます。
はじめチョロチョロ 中パッパ 赤子泣いても蓋とるなということわざがある仕様ではなく、始めは強火で炊き、蒸気が出てきたら弱火にします。
そして、途中で蓋を取ったりせずに、充分蒸らすことで、ご飯がより美味しい味に仕上がるのです。
土鍋でご飯を炊く時には、鍋料理に使うようなものでも使うことができますが、ごはん専用のものを用意しておいたほうがより便利になるのでおすすめです。
有名な土鍋メーカーである六鍋からは、ご飯専用の鍋がいくつか販売されており、使いやすいと評判になっています。
六鍋のご飯鍋は、カニ穴形成となっているため、火にかけても吹きこぼれしにくいので、土鍋初心者でも安心して使うことができます。
1合からでもご飯を炊くことができるので、一人暮らしの方でも使いやすいのも魅力と言えます。
六鍋のご飯鍋を手に入れて、お手軽に土鍋で炊くご飯の美味しさを味わってみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る