ブログ

毎日食べたい土鍋ごはん。

  • 見直されてきたごはん食の理由

近年、日本人の罹患率が上がっている病として、大腸がんと乳がんが引き合いに出されることが増えています。
また、糖尿病を患う人の数も増え、隠れ糖尿病患者も含めると、2人に1人が
糖分の摂り過ぎであることが分かってきました。
大腸がんや乳がんの罹患率が高くなったのは、魚中心だった日本人の食卓に、魚に変わって
牛肉が多く登場するようになったことや、動物性脂肪の摂り過ぎが原因の一つとされています。
その一方で、これまでのタンパク質摂取の主役であった大豆食品が食卓から消え、
漬物などの発酵食品を食べる機会も少なくなりました。
大腸がんにおいては、これら動物性のタンパク質と脂肪の摂り過ぎと、
発酵食品を摂らなくなったことによって、大腸の悪玉菌が占める割合が慢性的に多くなり、
腸内環境の悪化を招いたことが原因と考えられています。
また、腸内環境の悪化は、体全体の免疫力を低下させることにも繋がるのです。
それというのも、体の免疫力は腸の環境によって左右されるからです。
これまでの日本人になかった病気が増えた理由は、食の欧米化にあるといっても過言ではありませんし、
そこには主食としてごはんを食べず、パンやパスタなど小麦主体の炭水化物を
多く摂っていることも一因であると考えられています。
日本人の体はもともと肉をたくさん食べて健康になるようにはできていないため、
病気になるのも無理はありません。
そのため、最近はごはんを食べるという当たり前のことが見直されるようになりました。
日本人の体質に合った炭水化物であるごはんを食べ、魚や大豆、漬物などをおかずにした
食生活にすることが、健康を取り戻すのには不可欠であると気づいてきたからでしょう。
毎日のごはんを美味しく食べるには、土鍋でごはんを炊くのがおすすめです。
六鍋のごはん鍋なら、簡単に美味しいごはんを炊くことができますので、
「ごはんってこんなに美味しかったっけ」とびっくりすることでしょう。
「日本人は、やはりごはん食でないと」ということを実感すること、請け合いです。

 

  • 毎日美味しいごはんを食べよう

毎日美味しいごはんを家庭で食べたい思う人は、ごはん鍋を利用するのが良いでしょう。
これは炊飯専用の土鍋のことで、美味しく炊き上げることができます。
それにはきちんとした根拠があります。
一般的な炊飯ジャーは電気で加熱していくため、どうしても水を沸騰させるのに時間がかかってしまいます。
この沸騰にかかる時間が美味しいごはんを作るのにとても重要で、時間がかかればかかるほど
お米のなかにある旨味成分が流出してしまうのです。
一方、ごはん鍋は火力の強いガスコンロを利用するため、短い時間で沸騰させることができます。
お米のなかに旨味を閉じ込めておくことができるため、美味しいごはんにすることができるわけです。
ただ、土鍋ごはんを炊くのは手間がかかると思われて、敬遠される方も少なくありません。
ですがそれは全くの誤解で、実はそれほど難しくはありません。
簡単に説明すると、まずは洗米して30分以上ほど水に漬けておきます。
それを強火にかけて一気に沸騰までさせます。
沸騰後、弱火で10分、さらに蒸らしに10分ほどで完成です。
時間に余裕がない場合は、水に漬ける工程を数時間前からやっておいても良いでしょう。
ここでのコツは、最初は強火でかけることです。
すでに申し上げた通り、短い時間で沸騰させるのがカギとなるため、弱火ではしないことです。
昔から伝わるごはんの炊き方である「はじめちょろちょろ中パッパ、赤子泣いてもふた取るな」は、
あくまで竈炊きであるためコンロで炊くときとは違っています。
ただし、「赤子泣いてもふた取るな」はごはん鍋でも
重要で最後に蒸されるまで蓋を取るのは、熱い蒸気が逃げてしまうため厳禁です。
このように、ごはん鍋を使えば、手軽で美味しいごはんを毎日食べることができます。
そのごはん鍋を手に入れたいなら、六鍋工房の品がおすすめです。
一つひとつ手作りで、さらに割れにくい工夫をされているため、
一つ購入すれば何年も使い続けることができます。

関連記事

ページ上部へ戻る