ブログ

おすすめの ごはん鍋・集客アップにも活用したいご飯鍋

集客アップにも活用したいご飯鍋

日本人は炊き立てご飯とか銀シャリ、かまど炊きご飯、土鍋ご飯など、ご飯が美味しく炊き上がっているイメージがする言葉に弱いです。
ご飯の国に生まれたので、ご飯が好きな方もそうでもない方も、ご飯が美味しそうなワードを目にするとワクワクと期待を高めてお店を選び、足を運びたくなる心理性をもっています。
ですから、飲食店で集客をアップさせたければ、料理の腕や味を磨き、素材の仕入れなどにこだわることももちろん大切ですが、美味しいご飯を導入するのも一つの対策です。
お米の品質や産地にこだわって電気釜で水分調整などにこだわって炊く方法もありですが、やはり、おすすめは土鍋ご飯です。
電気炊飯器とは異なり、自然におこげもでき、銀シャリを炊くのはもちろんのこと、季節ごとの素材や味付けにこだわった炊き込みご飯なども美味しく炊き上がります。
土鍋といっても様々な種類がありますが、導入したいのはご飯炊き専用のご飯鍋です。
ご飯を炊くような構造にできており、炊き上げから蒸らし、保温まで必要な役割を担ってくれ、使い勝手も抜群です。
とはいえ、ご飯鍋にもやはり、ブランドによる違いやメーカーによる違いといったものがあります。
電気炊飯器といっても様々なメーカーが独自のものを出しているのと同様、ご飯鍋にも違いがあるのです。
おすすめなのは六鍋シリーズのご飯鍋です。
職人が一つひとつ手づくりをしていて、オーダーから納期までに1ヶ月ほどかかるという受注生産品です。
大切に作られている分、しっかりしており、ご飯を炊くために精密に計算しつくされた構造や製法になっています。
受注生産なので、お店ごとのニーズにも応えてくれ、セミオーダーが可能なのも魅力です。
もともとの商品ラインナップも豊富で、色合いやつばあり、つばなしの違いのほか、1合炊きから5合炊きまでサイズも豊富です。
お客様一人分炊きから、まとめて炊くニーズまで応えてくれるのも魅力言えるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る