ブログ

ご飯を炊くのにおすすめのご飯鍋

これまでご飯を炊くといえば、炊飯器で炊くというイメージがありましたが、実際に土鍋を使用してご飯を炊くというイメージはあまりありませんでした。
ふとしたら昭和時代のことというイメージを持っている方がいるかもしれません。
平成の時代においてもご飯鍋が発売されているのです。
それが、六鍋のご飯鍋という商品で、プロの料理人もおすすめしている商品なのです。
電気式の炊飯器がない時代は土鍋でご飯を炊いていました。
平成の時代に似つかわしくないかもしれませんが、六鍋の商品は、プロの料理人をはじめ、幅広い世代に人気があります。
ご飯鍋の特徴は、割れにくいというのがあります。
従来の鍋であれば底の部分から直ぐに割れてしまうというのが一般的なことでした。
しかし、釉薬を鍋底にもコーティングしてあるため、強い火力でも割れにくいのです。
さらに、耐火性に優れていることも頷けます。
ご飯の本来の美味しさは直火で炊くことにあります。
六鍋の商品は、一粒一粒に火が通り、ご飯本来の甘味を堪能することができます。
蒸らしの効果もあることからもっちりとした食感のお米本来の味を堪能することができます。
土鍋でありながら通常の炊飯器よりも短い時間でご飯炊くことができるので省エネに一役買っているといっても過言ではありません。
炊飯器では堪能できない香ばしいお焦げも作れます。
炊飯器が進化した現代では、なかなか考えにくいことかもしれませんが、六鍋の土鍋には、日本人の知恵がたくさんつまっているといっても過言ではありません。
日本人の和の心、ご飯食べる習慣があるからこそ、平成の時代にご飯鍋が発売されているのです。
気になる人は炊飯器と鍋とどちらでご飯を炊くと美味しいか較べるとよいです。

関連記事

ページ上部へ戻る