ブログ

ごはん鍋で炊くごはん。

  • 土鍋で炊くごはんが美味しい理由

価格の高い炊飯器が話題となる一方で、ごはん鍋の人気も高まっていることをご存知でしょうか。
炊飯ジャー全盛の時代になぜ土鍋でごはんを炊くのか、疑問に感じるかもしれません。
その理由は、土鍋で炊いたほうが明らかに美味しいごはんが出来上がるからです。
スイッチを入れるだけという手軽さから炊飯ジャーを選ぶ人も多いようですが、
手間をかけられる時間があるなら、格別な美味しさを味わえるごはん鍋のほうがおすすめです。
なぜごはん鍋で炊いたお米が美味しいのでしょうか。
それは電気ではなく火を使うことで、短時間に高火力で炊けるからです。
電気を使う場合、炊き上がるまでの時間がかかるうえ、どうしてもその火力には限界があります。
一方、火を使うごはん鍋は火力が非常に高く、お米の芯まで一気に火を通すことができます。
米粒の中までふっくらの仕上がりを味わえるのは、ごはん鍋ならではの嬉しい利点です。
炊飯の工程で欠かせない蒸らしについても、独特の形状を持つごはん鍋なら均等に行うことができます。
美味しく作るための工夫が詰まっているのがごはん鍋と言えるでしょう。
ごはん鍋には他にもメリットがあります。
手間がかかるように見えて、実際には短時間で炊けることです。
強火なら10分もあれば炊き上がりますから、蒸らしの時間を含めても炊飯器より
早くごはんにありつけます。
仕事から帰ってきて早く食事にしたいとき、これがあると非常に便利です。
このように、ごはん好きにはマストアイテムなごはん鍋ですが、購入するなら
質の高いものを選ぶのがおすすめです。
たとえば六鍋の品なら、とことん追求された形状がごはんの旨味を引き出してくれます。
細部まで作り込まれたデザインには高級感が溢れ、そのまま食卓に出しても
喜ばれるスタイリッシュなものばかりです。
自分のために買うのはもちろんのこと、大切な人へ贈るのにも最適と言えるでしょう。
本物の味を楽しみたい方におすすめな逸品です。

 

  • お米を美味しくするごはん鍋を使いましょう

土鍋でごはんを炊く人が増えていますが、そんなときはぜひ、良いごはん鍋を手に入れましょう。
炊飯器にも様々な製品があるように、ごはん鍋にもいろいろな鍋があります。
良いものはお米一粒一粒にしっかり熱が通り、むらなくふっくらとした
炊き上がになるように作られています。
お店でも採用しているほど人気のごはん鍋もありますので、口コミの評価が高い逸品を探しましょう。
そもそもなぜ炊飯器がある時代にわざわざ土鍋でお米を炊くかといえば、
それはもちろん美味しさが違うからです。
ただ、土鍋の厚みが均一でないと炊き上がにムラが出てしまいますので、やはり
良い鍋をしっかり選んでこその美味しさです。
特にごはん鍋が人気なのは、一人暮らしや夫婦二人暮らしの家庭なのですが、
それは、質の良い土鍋なら1合からとても美味しく炊くことができるからです。
どんな量のお米でも、全体にまんべんなく熱が伝わる秀逸な土鍋でなら、
ごはんを最高の状態に炊き上げることが可能になります。
ふっくらつやのあるごはんを一人前から炊ける土鍋は、現代人のライフスタイルにぴったりです。
また、炊飯器ではなく直火で炊く魅力は、おこげにあるという人も少なくありません。
直火の時間をちょっと使って香ばしいおこげを作るというのも、土鍋で炊く醍醐味と言えるでしょう。
そんな人におすすめなのが、六鍋のごはん鍋です。
実は数々の料理家が六鍋を採用しており、大手料理店の総料理長も六鍋に大満足しています。
その秘密は、鍋の形状にあり、中でお米が爆発して粒が立つ様に作られています。
強い火力により鍋の中でお米がよく動き、ふっくらした甘みのあるごはんを炊くことができます。
最上の美味しさを追求しながらも、吹きこぼれなく使い勝手も抜群です。
しかも、六鍋のごはん鍋は熱伝導率が高く、
強火10分、弱火10分、蒸らし10分のわずか30分で炊き上がってしまいます。
この時短の仕上がりが、料理屋でも、ご家庭でも、大きな戦力となるでしょう。
何も難しいことをする必要はなく、誰にでも美味しい土鍋ごはんが炊き上がります。

関連記事

ページ上部へ戻る