ブログ

毎日食べる白ごはんは、美味しいですか?

  • つい何気なく食べてしまうからこそ美味しく炊きたい

日本人にとって、毎日の食卓に、あるいは食事のたびに白いごはんが出てくるのは当たり前のことです。
その割には、ごはんの栄養に関して気に掛ける人はほとんどいないのではないでしょうか。
おかずとなると、野菜にキノコ、海藻にタンパク質などをバランスよく摂ることを非常に気に掛けている人が多くいます。
タンパク質は牛肉ではなく、
低カロリーで高たんぱくなところがヘルシーな鶏肉がいいとか、
DHAやEPAといった脳の働きをよくする成分を含んだ魚、
それも青魚を積極的にとらなければならないという声もよく聞かれます。
それよりも、昔から日本人のタンパク質摂取の中心的役割を担ってきた大豆製品である
納豆や豆腐、味噌などを使った食事、いわゆる和食を中心に食事を摂らなければならないという説もあり、
どれもみんな納得できるところです。
それなのに、これらのおかずをいくら工夫して作っても、いざ、いただきますとなったとき、
「ごはんを炊くのを忘れていた」では、食事が始まらないのが日本人です。
それほど大事なごはんなのに、栄養を考えたことがない人が多いのは不思議です。
これは、あまりにも主食として「食べるのが当たり前」になっている食べ物というのが、
白いごはん以外に存在しないからかもしれません。
そんな「食べるのが当たり前」になっている白いごはんこそ、炊きたてで、真っ白、さらにつやつやしたキレイな色に、
炊きたて特有のいい香りがするごはんで食事をしたいものです。
そんな「いつもより美味しいごはん」や「今よりもさらに美味しいごはん」を求める人におすすめなのが、
六鍋のごはん鍋を使って炊いたごはんです。
土鍋ごはんの人気の高まりから、近年、様々なごはんが炊けるという土鍋が売られていますが、
六鍋は一つひとつが職人によって手作りされているこだわりの品です。
しかもごはん専用としてくられたごはん鍋ですので、簡単でありながら美味しいごはんが炊き上がるように
できているところも、六鍋のごはん鍋をおすすめする大きな理由です。

  • おすすめの六鍋はごはんが立つのを実感できます

とにかく美味しいごはんを食べたいという方には、土鍋がおすすめです。
毎日のごはんを炊飯器で炊いているという方がほとんどです。
もちろん、炊飯器を使っても美味しいごはんを食べることができますが、
より旨味を感じるふっくらしたごはんを食べたいなら土鍋を使うことが欠かせません。
実際に土鍋を使ってお米を炊いたことがある方なら、自信を持って使ったほうがいいとおすすめすることでしょう。
しかし、まだ一度も土鍋を使ったことがない方は、
面倒といったイメージや上手く使いこなせないという心配があるかもしれません。
そんな方は、初めて使用する方も安心の六鍋を選んでみることをおすすめします。
美味しいごはんが炊けると口コミでも話題になっており、使い方もシンプルです。
何も面倒なことはありません。
手間や時間をかけずに美味しいごはんを炊くことができるのです。
これまで食べたことがないような満足度の高いごはんを食べることができても、
使い方が面倒だとストレスになってしまうという方がほとんどです。
しかし、六鍋は使い方もお手入れも保管も全て面倒なことは何一つありません。
忙しい調理人も面倒なことが苦手な人も安心して使用できます。
六鍋は、忙しい人や料理初心者にも美味しいごはんを炊ける作りになっています。
他の土鍋と比べてみると高さがあるのはごはん専用の造りになっているためで、
これが内部で対流を作り出せるのも六鍋の特徴です。
お米一粒一粒まで柔らかくし、さらにお米が立つ美味しいごはんを炊くことができます。
また、保温性にも優れているので、炊き上がったあとも長い時間にわたり、美味しさを維持することが可能です。
もちろん、表面にも塗ってある釉薬の効果により、カビが発生してしまうこともありません。
サッと洗って軽く拭くだけで、お手入れ完了です。
コンパクトな土鍋なので、場所も取りません。
シックでおしゃれなデザインも好評です。
見た目の格好良さにもこだわりたいという方にも六鍋の品を、自信を持っておすすめします。

関連記事

ページ上部へ戻る