ブログ

いま見直される土鍋の魅力とは

昔から私たち日本人の暮らしに根付いていた土鍋ですが、近年これまでにない人気ぶりを見せるようになりました。
何でも電子レンジでチンするような、手軽で時短な調理方法がもてはやされる一方で、単に一過性のブームに終わらない土鍋の人気の広がりには注目すべきものがあります。
その人気の秘密を紹介していきましょう。
最大のメリットは、なんといっても高い保温性です。
余熱で火が通りますので光熱費の節約にもなりますし、料理が冷めにくくアツアツで食べたい煮込みなどに最適な鍋です。
遠赤外線効果で食材を芯から温め、素材の旨味を上手に引き出すことができますし、味が染み込みやすいという特徴があります。
また、釉薬の内側にできる貫入にダシが染み込んでいくので、長く使えば使うほどにダシが出やすくなるというメリットを持っているのです。
陶器の焼き物ならではの温かみのあるデザインは、食卓に鍋ごと置いてもまったく違和感がありません。
こういった合理的でいながら奥深さを併せ持った土鍋の魅力が、多くの食にこだわる人に受けているのでしょう。
日本には水炊きやすき焼き、しゃぶしゃぶなど多くの鍋料理がありますが、世界にもタジン鍋やチゲ鍋、トムヤンクン鍋など、さまざまな土鍋を使った料理が目白押しです。
多くの食材を使った栄養バランスの良い鍋料理は、家族の健康管理にも大いに貢献してくれることでしょう。
六鍋では、プロの料理人から一般の方まで広く愛される土鍋やご飯鍋を作っています。
職人の技が生きたこだわりの鍋は、割れにくく長く使用できるだけでなく、光沢のある深い色あいが万人に支持されるデザインとなっています。
繰り返しおこなう耐熱実験や多くのお店で利用されている実績から、幅広い人気を得ているブランドです。
最近は、高級な炊飯器もブームとなっていますが、六鍋のご飯鍋で炊き上げたご飯はどんな調理器にも負けない美味しさです。
六鍋の豊富な品揃えから、和食、洋食の枠にとらわれず便利に使えるお気に入りの一品を探してみると良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る