ブログ

使ってみてください

  • 集客アップやリピーター獲得に活用したい土鍋ごはん

炊きたてのごはんをこよなく愛する日本人の心を掴み、
集客アップやリピーターに繋げるには美味しいごはんを提供することは欠かせません。
今どきのIT炊飯器なら上手に炊いてくれるはずと、
水加減や炊き方をいい加減にすれば、すぐにお客様に分かり、
ごはんが美味しくないお店とレッテルを貼られてしまいます。
どんなに美味しいお惣菜を提供しても、ごはんがまずいとリピート率は一気に低下します。
逆にリピーターを増やしたいなら、ガス火で美味しく炊ける土鍋ごはんを
メニューに加えると口コミでも人気を集め、集客とリピーターの獲得に繋がるでしょう。
土鍋ごはんをおすすめメニューに加えるなら、土鍋で炊いたことが
明確に分かる形でお客様に提供したいものです。
お茶碗によそって出すのでは、これまでの炊飯器で炊いているのでは?と
いぶかしがる方もいるかもしれません。
土鍋ごとお客様のテーブルに運べば一目瞭然、華やかになり、
そうなれば、見た目にも美しい形状のものや、お店の雰囲気に合ったものが好ましいでしょう。
また、飲食店には様々な方が訪れ、グループで利用する方から
一人の方もいるので、人数に合ったサイズの土鍋も必要になります。
一人の方に大きな土鍋で出してもお客様も困りますし、土鍋ごはんは〇名様からなどと
制約がつくと、一人や少人数でのご来店では残念な思いをさせてしますでしょう。
そこで、おすすめなのが六鍋のごはん鍋なのです。
1合サイズから5合サイズまでサイズも多彩に剃ろうほか、プロの料理人のニーズに応じて
デザインされた形や色合いのものが揃っています。
一つひとつ職人による手作りで、オーダーを受けてからの受注生産となるため、
お店のニーズも反映してもらうことも可能です。
若いお客様が多いから少しポップなカラーにしたい、女性のお客様が多いから
丸みのある愛らしい形状のものがいいなど相談してみるのもいいかもしれません。
炊き方も簡単で初めて土鍋を扱う方も、美味しくごはんが炊けますので、
ぜひチャレンジしてみましょう。

 

  • 美味しい炊き込み土鍋ごはんで顧客の満足度を高めて売上アップを

美味しいごはんものや丼物のお店をはじめ、
和食店や家族で食事が楽しめる幅広い世代が集う地域のレストランなどで、集客アップや
リピーター獲得、客単価アップを図るにはメニューのてこ入れも欠かせません。
和食メニューや定食メニュー、ごはんもののラインナップが充実しているお店で、
新メニューをプラスし、カフェやファミリーレストランタイプのお店で幅広い世代にウケがいいメニューを
導入したいなら、土鍋で炊いた銀シャリごはんセットや、炊き込みごはんという手もあります。
若い方でもごはんにこだわりのある方は多いので、一人分ずつ土鍋で炊いたごはんと、
丁寧にだしをとって作った土鍋ごはんを引き立てるお味噌汁、自家製の漬物や特製の梅干し、
出汁巻き玉子などをつければ最高です。
また、幅広い世代に人気が出るメニューなら炊き込みごはんもいいかもしれません。
味のしみ込んだ五目ごはんや季節の素材を楽しめるごはんは、
食の細いお子様やシニアの方も食が進み、喜ばれるメニューの1つです。
家族みんなで楽しめる鯛一尾を丸ごとのせた、三合炊きごはん鍋で作る鯛めしをはじめ、
一人分ずつ好みに合わせて1合炊きのごはん鍋で提供してもいいでしょう。
海鮮たっぷりの釜飯風や、鶏肉やチャーシュー、牛焼肉などを入れた食べ盛りの方にも楽しめるメニュー、
オーソドックスなキノコごはんや筍ごはんなど旬のごはんなど
様々なアイディアで人気メニューを誕生させることができます。
喜ばれるごはんメニューを充実させるうえで活躍してくれるのが、
1合炊きから揃う六鍋のごはん鍋です。
耐久性に優れ、白米をふっくら美味しく炊くのはもちろん、
各種の炊き込みごはんも美味しく作れます。
食材の臭い移りが気になるという場合は、お客様に出したお茶の茶がらと水を入れて煮立てると
消臭効果があり、使い勝手にも優れています。
使い慣れたいない方でも美味しく炊き上げることもでき、
古米さえ美味しく炊けるので、
お店の財政上、去年の古米を使い切りたいといったときにも便利なごはん鍋です。

関連記事

ページ上部へ戻る