ブログ

魅力の土鍋ごはん

  • 時間短縮でごはんを炊くことができる土鍋の魅力

土鍋でごはんを炊くと美味しい理由には、
それを加熱すると熱が鍋全体に均一に行き渡るからであり、
それでいて一度温まると長時間余熱が残る点があります。
炊飯するときには水を浸しますが、土鍋の素材は吸湿力にも優れており、炊き上がってからも
余分な水分を取り除くことができるため、ふっくらとした状態になるのが魅力的です。
米を研いで水に浸す作業を行いますが、その時間を除けば30分ほどで炊くことができ、
電気炊飯器だと1時間もかかりますが、それと比較しても明らかに時短で炊き上げることができます。
強火から弱火に変更する、火を消す作業が存在しタイミングが重要ですが、少し我慢すれば
忙しい毎日でも炊飯するのに使うことも可能です。
炊き方の手順はまず米を研ぐことから始めますが、その研ぎが終了したら水に浸します。
水に浸すことで米の内部まで水分が浸透していき、それで熱が加わることで芯を柔らかくする状態になります。
次の工程では蓋を閉めて土鍋に火をかけますが、まずは強火で沸騰するまで加熱を行っていきます。
沸騰して土鍋の蓋より湯気が溢れ出てきたら、今度は弱火にして10分加熱を行います。
このとき、キッチンタイマーをセットしておくと時間が経過したら教えてくれるため便利です。
その後、火を消して10分ほど余熱で蒸らしておけば炊き上がり、美味しくごはんを食べることができます。
一番の魅力は鍋底に付くおこげが魅力的で、そのポリポリ感が好きな方も多いかもしれません。
なお以上が土鍋でごはんを炊くための手順になりますが、キッチンタイマーをセットしておけば、
十分に家庭でもガスコンロでも炊くことができます。
もっとも数ある土鍋の中でもおすすめなのは、六鍋です。
その魅力は、どうしたらごはんを美味しく炊けるかを常に考えて作り出されたごはん鍋だからです。
口コミでも実際にそれで炊飯して美味しかったとの声も多く、徐々に人気が出ています。
家庭のみならず、料亭などのプロが活用しているほどで、
家庭でもふっくら美味しいごはんがいつでも食べられるのが魅力となります。

  • 日本人の食事にとってとても大事なのがごはん

若い人たちを中心に、ごはんを食べない食生活が増えています。
また、働く女性が増えたことから、同じくごはんにおかずという食事メニューではなく、
パスタやピザ、麺類といった、いわゆるすぐに作れる単品ものや、洋食がメインになってきていることは、
忙しい現代人の毎日の暮らしが食事にも表れているといえます。
さらに女性の多くが、すでに十分スリムであるにもかかわらず、痩せる必要があると考えています。
そんな彼女たちが摂るのは、炭水化物であるごはんは食べないという選択肢です。
炭水化物を食べなければ大幅に摂取カロリーが減るからです。
実際、炭水化物ダイエットでは、始めてわずか1ヶ月で3kg程度痩せる人はザラにいて、
炭水化物によるカロリーを摂取しないとなれば、さほど難しくはないでしょう。
けれど、ダイエットという意図的に食べない人も、忙しくて結果的に食べられないという人も、招く結果は同じです。
体重は減りますが、実は体脂肪は減っていないことがほとんどで、筋肉と水分が一番に抜けていきます。
そうなると、力の出ない体になってしまうのです。
筋肉は脂肪を燃焼させる働きがありますので、筋肉の分の重さが減っただけだとしたら、
脂肪を燃やしてくれる働きだけを失ったことになり、その後はかえって脂肪も体重も増えやすくなります。
忙しさのせいでごはんを食べていないという人は、
パンなどの簡単な食事はしているものの、腹持ちが悪いせいですぐにお腹が空いてきます。
そう、ごはんは非常に腹持ちのいい、優れものでもあるのです。
腹持ちが悪いため、お腹が空いてイライラしたり、ついお菓子をつまんだりと、結果的に不健康な体へとまっしぐらです。
これらの深刻なデメリットを防ぐには、炭水化物であるごはんをしっかり食べることです。
忙しくて食べていないという人なら、
美味しいごはんが炊けるなら食べてみようかな、美味しい白いごはんが食べたいから食事作りを頑張ろうと思えるでしょう。
その際のおすすめは、六鍋で作られているごはん鍋です。
誰でも簡単に、そして短時間で美味しいごはんが炊けるとして、有名料理店などでも使われているほどです。
白いごはんの美味しさを久しぶりに味わえば、その後はたとえおかずが少なくても、
白いごはんをしっかり食べられので、力の出せる1日になることでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る