ブログ

美味しいご飯を追求するごはん鍋。

  • 美味しいごはんを炊きたいならニーズにマッチする土鍋がおすすめ

今の時代はごはんを炊くというと、電気炊飯器が定番化しています。
ごはんの美味しい炊き方を簡潔に表す表現として「はじめちょろちょろ、中ぱっぱ」といったフレーズがありますが、
そんなことを意識せずとも、電気炊飯器が勝手に炊いてくれる時代です。
ご家庭では電気炊飯器をはじめ、レンジでチンするパックごはんなどで済ませる方もいる一方で、
口コミでごはんが美味しいと人気の飲食店や、銀シャリを自慢としているお店では電気炊飯器に頼らず、
土鍋を使ってガス火で炊いているところが少なくありません。
飲食店には家庭では出せない味や料理を求めてくる人も多いですから、本格的な炊き方で美味しいごはんをお出しするのが
おもてなしといえるかもしれません。
飲食店でも選ばれているのが、六鍋のごはん鍋です。
いわゆる伝統的な炊き方のフレーズを基に、ガス火を調節し、蒸らせば美味しいごはんが炊き上がるのです。
プロの料理人はその日の気温や水温などを見極めて、水加減や火加減を調節したり、蒸らす時間を調節したりすることで
一定の美味しいごはんを炊き上げます。
六鍋のごはん鍋は炊き込みごはんなどの調理にも向いており、
季節ごとに旬の素材を使った炊き込みごはんを供する和食店などでも幅広く愛用されています。
六鍋では一つひとつ手作りしているため、セミオーダーなどにも対応してくれるのも、料理人の強い味方です。
形状は同じでも、もう少し大きくとか、やや小ぶりにといったサイズの調整や、取手が欲しい、
お客様に1台ずつ土鍋ごはんを提供するので、お店のイメージに合った雰囲気にしたい、などの要望にも応えてくれるからです。
家庭では何でも使い捨ての時代ですが、プロの料理人は包丁でも鍋でも、気に入ったものをメンテナンスしながら長く使い続けます。
六鍋なら手作りをしているので、職人に相談すれば、少し欠けた部分を補修してくれたり、割れた蓋を直してくれたり、
交換してくれたりと長く愛用できるところも魅力なのです。

  • 機能性が優れている六鍋のごはん鍋

ご家庭にはいろいろな調理器具が置いてありますが、思い浮かべる一つに炊飯器があるかと思います。
機能性に優れた炊飯器を使えば手軽にふっくらとしたお米を炊くことができますが、
最近では性能よりも美味しく炊きたいとこだわりに応える土鍋を使って、ごはんを炊くことに人気が高まっています。
もし美味しい土鍋ごはんを作りたいと考えているなら、この機会に挑戦してみてはいかがでしょうか。
様々な品があり、素材やデザインも異なるので、きっと自分が欲しいと思える土鍋が見つかることでしょう。
なかでもいろいろなサイズを展開し作られているのが、六鍋のごはん鍋です。
一人分から美味しく炊けるサイズから、皆で食べられるような大きさの物まであります。
ごはん鍋特有のフォルムは量が違っても美味しく炊けるためであり、
耐久性にも優れていますので、強火でふっくらとした美味しいごはんが炊き上がります。
手間をかけずに美味しいごはんを炊けるので、料理が得意ではない方でもストレスを感じることはありませんし、
また口コミでもかなり高評価となっています。
ちなみに土鍋を使用してごはんを炊く場合は、火加減にかなり気を付けなければならないと思ってしまうでしょう。
確かに他の土鍋だと火加減に気を付けなければ美味しいごはんが炊けないことがありますし、
時間がない方だと土鍋でごはんを炊くのは面倒なものです。
ただ、六鍋のごはん鍋であれば料理初心者でも簡単に使えますし、短時間でごはんが炊けるので忙しい方にもピッタリです。
強火10分・弱火10分・蒸らし10分で炊き上がるので、調理が面倒だと感じている方にもチェックして欲しいです。
お手入れも手間がかかりません。
土鍋の表裏面はコーティングされているため、長年にわたって使い続けられます。
六鍋のごはん鍋では 1号〜5号サイズまであるため、用途に合わせて選んでみてください。
ご家庭使用では食べる量に合わせて、一人暮らしの方はコンパクトサイズがおすすめです。
飲食店で使う場合はより大きいサイズが必要でしょうから、
お店に見合った5号以上のサイズのごはん鍋を作ってもられるので、この点でもおすすめです。

関連記事

ページ上部へ戻る