日記

  1. 栗② 蒸し栗で土鍋蒸しパン。

    作った蒸し栗は、そのまま食べてもよし、ご飯に混ぜてもよし。勿論おやつ作りに使ってもよし。 パンケーキにしよか、ペーストにしようか・・と考えながら、 簡単に出来て蒸し栗の甘みを感じられる蒸しパンに使うことにしました。

  2. 美味しいご飯を炊くならごはん鍋がおすすめ

    土鍋の中でも炊飯専用に使えるご飯鍋が人気となっています。土鍋は煮込み料理や炊飯に使えますが、炊飯に特化した物ですので手軽に美味しいご飯を炊くことができます。 料理初心者の方でも加熱や蒸らしの時間と水加減に気をつければ、料理歴の長い方やプロの料理人と遜色ないご飯が炊けるでしょう。

  3. 栗① 土鍋でじんわり蒸し栗。

      10月に入ると、梨やりんご、ぶどうにお芋の狩りのぼり旗を見るようになり、デパ地下やスーパーの食品コーナーも秋めいてきます。  今年は栗拾いに行く機会があり、2Kgにもなる収穫した栗たちやお土産に頂いた栗(重なるものですね〜笑)を美味しく食べるために色々な調理に挑戦しました。

  4. ご飯鍋を使う日々。

    3合サイズのご飯鍋を使って、ご飯を炊いています。でも3合分よりも2合分を炊くことが、日常です。 ではなぜ3合炊きご飯鍋を使うかといいますと それは、炊き込みご飯や混ぜご飯にするときにとても便利だからです。 季節に合わせて、様々な食材を入れて炊き込んでいます。

  5. 冷めても美味しいおすすめのご飯鍋

    昔に比べご飯は簡単に炊けるものになりました。炊飯器のスイッチを入れればいいだけなのですからとても簡単です。 高機能な炊飯器もたくさん登場していますが、もっと美味しいご飯を食べてみたいと思いませんか。 それなら、ご飯鍋をおすすめします。

  6. ご飯を土鍋で炊きたい人におすすめ

    最近、ご飯を土鍋で炊く人が増えてきています。少人数の世帯が増え、たくさんのご飯を炊飯器で炊くよりも、土鍋で一人か二人分だけ炊いた方が、おいしくて無駄がないという理由からだそうですが、それだけではありません。

  7. 新米を炊く。

    10月に入ると新米の販売が始まりますね。 工房にも近江米が届いたので、早速ご飯鍋で炊きました。 いつも二合を炊く場合に、レシピでは水の量を430mlと紹介しています。 土鍋で炊く場合、お米の量✖️1.2〜1.3の水の量になり、強火で10分、弱火10分、蒸すこと10分で完成。

  8. 土鍋のメンテナンス

    土鍋は陶器ですが、そろりそろりと洗うのではなくタワシでゴシゴシと洗います。 お鍋なので、焦げ付きができるときもあります。 六鍋の土鍋は釉薬の加減で、焦げ付きににくい特性がありますが、それでも使ってくれば味が出てきますし、焦げも付いてきます。 そこで活躍するのは、タワシ。

  9. ご飯を炊くなら炊飯器より土鍋がおすすめ

    キッチンに必ずあるものといえば炊飯器なのではないでしょうか。ところが最近、キッチンに炊飯器を置いていないお宅が増えています。 ごはんは炊飯器で炊くものと思われてきましたが、ここ数年ごはんは土鍋で炊くという方が増えています。

  10. 土鍋ひとつあればいろいろ作れます

    一人暮らしをしていると、どうしても自炊派と外食派に分かれてしまいます。自炊派という人でも、実際にはカップラーメンや、パスタをゆでて、買ってきたパスタソースにからめるだけという人は多くいます。

ページ上部へ戻る