日記

  1. おいしいご飯を食べたいならご飯鍋がおすすめ

    昔から日本人にとって主食であるお米はおなじみの存在ですが、メインのお米を美味しく食べるために、かつてはおかまを使い火で炊くことが一般的でした。 しかし時代の変化とともに便利さを考慮して、現在では炊飯器が主流になっています。

  2. おいしいご飯を炊くならご飯鍋の選び方が大切

    ご飯鍋を選び方として押さえておきたいポイントが何個かあり、ポイントを確認した上で納得のいくご飯鍋を選び長く愛し使えるものを購入するようにしましょう。まずはご飯鍋の生産地です。生産地として大きく分けると日本製か外国製かで分けられます。

  3. 窯詰め①

    土鍋の窯詰め土鍋の窯詰めは簡単ではあるが大変でもある。なぜなら土鍋は品物自体が大きくて胴蓋とあるので窯が直ぐに一杯になてしいます。しかし「六鍋」は全釉(全部に釉薬が施してある)の為に、メ焼きしなければいけないのでこれが面倒で、胴蓋全てなので結構時間かかります。

  4. すっぽん鍋には土鍋が最適です

    冬は温かい鍋物が美味しい季節で、家庭でも様々な鍋を楽しむことができます。 そして鍋物の中には家庭で楽しむことが難しいものもあり、すっぽん鍋がそのひとつです。

  5. 素焼き爆発

    素焼きで爆発させました(泣)この写真はごはん鍋の蓋です。とにかく急ぎの仕事のときは、結構無理やり乾燥させて素焼きをします。がしかし やはり乾燥が甘くて爆発させてしまいました。

  6. ご飯鍋の選び方のコツはサイズと備わっている特性に着目すること

    ご飯鍋を使ってお米を炊くのは、炊飯器を使ってお米を炊くのに比べてスピーディーで便利です。また、火で炊くからこそ実現できる、炊き上がりの美味しさも魅力となっています。これらのメリットに惹かれて、ご飯鍋の購入を検討し始めるご家庭も多いのではないでしょうか。

  7. 六鍋のご飯鍋の特徴はシンプルで使いやすいこと

    日本人の食卓に欠かせないのが、お米です。古来から、日本人はお米を主食として食べてきました。 昔は、直接火をおこして、その上に釜や土鍋などをのせて、ごはんを炊いていました。

  8. ご飯鍋を長く使うためのお手入れ方法とは

    職人が手掛けたご飯鍋でお米を炊くと、一粒一粒が甘みのある、もっちりとして火の通りにムラのない、おいしいご飯を作ることができます。ご飯鍋は電子レンジでも使用でき、ご飯が鍋に残ったままのときに温めなおせば、炊き立てに近い状態まで戻すことが可能です。

  9. ご飯鍋が持つ優れた特徴とは

    最近はガスコンロを使って鍋で炊くご飯が美味しいと口コミで広まっていることもあり、ご飯鍋を買い求める人が増えています。ご飯鍋の素材はいろいろありますが、中でも人気なのが土鍋です。

  10. ご飯鍋を長持ちさせるためのお手入れ方法

    長い間大切に使い続けるにはお手入れ方法を正しく行うことが大切になってきます。ご飯鍋は土鍋と同じように粘土でできているため急激な温度変化に弱い調理器具です。調理後すぐに水に浸してしまうとひびが入ったり、最悪の場合割れてしまい使えなくなってしまいます。

ページ上部へ戻る