使用方法

  1. 初心者でも簡単に利用できるご飯鍋のシンプルな使い方

    どんなに高機能な炊飯器より、かまど炊きのご飯のほうが美味しいことは多くの方がご存知です。かまどばかりでなく、ご家庭のガスコンロで炊いたご飯もかなり美味しいものです。 ガスコンロの直火で炊くのなら、お鍋より土鍋で炊くことをおすすめします。

  2. 食にうるさい家族や食事時間が異なるご家庭も便利

    ご飯はふっくら炊きたてがいい、チンしたご飯は食べたくない、そのくせ帰りは遅くなる、そんな我がままな学生や社会人のお子様や毎晩遅いご主人がいるご家庭なら、ご飯鍋や土鍋を揃えるのがおすすめです。

  3. 時短と光熱費節約にもなるご飯鍋は一人暮らしの方にも人気です

    1人暮らしをしていると食事も簡単に済ませがちです。一方で、節約や健康面のことを考えて自炊に挑戦する方も多いでしょう。 そこで、主食であるご飯をどうするかと考えた時、炊飯器の他に土鍋という選択肢も加えてみてはいかがでしょうか。

  4. なぜ土鍋で炊くごはんは美味しいのでしょう

    炊飯器で炊くごはんより、土鍋で炊くごはんのほうが美味しいと感じたことはありませんか。熱伝導率が違うからです。 美味しいごはんを炊くためには沸騰までの時間が約10分ほど必要です。 金属の鍋は急激に温度が上昇するため、沸騰までの時間が短いままごはんが炊き上がってしまいます。

  5. ご飯鍋を長く使うためのお手入れ方法とは

    職人が手掛けたご飯鍋でお米を炊くと、一粒一粒が甘みのある、もっちりとして火の通りにムラのない、おいしいご飯を作ることができます。ご飯鍋は電子レンジでも使用でき、ご飯が鍋に残ったままのときに温めなおせば、炊き立てに近い状態まで戻すことが可能です。

  6. 美味しいご飯の食べ方も広がるご飯鍋がおすすめ

    日本人ならやっぱりご飯ですが、気軽な炊飯器では何か違うと思われる方も多いのではないでしょうか。 銀シャリご飯が自慢の定食屋さんやお弁当店のご飯と、電気釜で炊いたご飯に何が違うのかといえば、やはりご飯鍋を使っているかどうかです。

  7. 初心者でも使えるご飯鍋の使い方とは

    ご飯鍋を使ってご飯を炊くことで、かまどで炊いたような美味しいご飯が炊き上がります。ご飯鍋の使い方は難しいと思っている方が大半ですが、至ってシンプルです。最初の10分は強火で一気に過熱、更に10分は弱火にしておき、あとは10分蒸らすだけの、ほぼ3行程でご飯が炊けます。

ページ上部へ戻る