rokunabeの記事一覧

  1. 季節の果実・金柑で土鍋ジャム作り

    立春、雨水と過ぎ、ひな祭りも過ぎると春がくる〜と思うのですが、 寒い日もあるとまだ春は先かなと感じるところです。 それでも、春って来てるんですね。 工房の庭に、梅の花が咲き始めていました。 土鍋で作ったご飯の写真を撮ると、陽ざしがとても柔らかい感じ。

  2. Valentine’s Day

      2月14日といえば、そう!バレンタインデー。 チョコに気持ちを込めて・・なんて日なのですが、工房では頂いた注文の商品や新作を作る日々で、 チョコで浮き立つ雰囲気ではない空気が漂っておりました。 けれどチョコを美味しく食べられるこの日を、土鍋で楽しみたいではありませんか。

  3. 人気を集める土鍋の魅力とは

    土鍋を使った食卓の良さが、世代を問わずに注目されています。時間に追われて忙しい現代人は、効率のよい生活スタイルを重視してしまいがちです。

  4. 土鍋レシピ・玉ねぎの丸ごと煮

      淡路島旅行のお土産に、玉ねぎを頂きました。この玉ねぎと焦げから復活した黄釉土鍋を使って、出汁がしみ込んだやさしい味の玉ねぎ丸ごと煮を作りました。 15分の煮込みは、ストーブの火力を使っています。

  5. 復活!黄釉七寸土鍋

      昨年、りんご煮を作っている途中で焦がしてしまった土鍋があり、修理をお願いしてから数ヵ月が経ちました。 修理用の土鍋が集まると焼き直しをしてもらえるのですが、注文を頂いている土鍋や納期が迫っている土鍋もあったりと焼き直しの順番待ち。

  6. 料理が苦手な人にもおすすめの六鍋の土鍋

    使用する調理器具によっても、料理の出来具合は変わってきます。美味しいごはん、美味しい煮物、家族みんなが満足する料理を作りたいと考えているのであれば、土鍋がおすすめです。 そしてどこの鍋を使えば良いか悩んだのであれば、六鍋の商品を選べば間違いはないでしょう。

  7. 古米でも美味しさを引きだたせてくれる六鍋

    お米には新米や古米と分類されますが、新米は瑞々しい味がするのですが、古米はどうしても米の内部の水分が失われて、炊飯した時にパサパサ感を生じることが多いです。

  8. 六鍋が人気を集めている理由

    使いやすく食材の旨味をしっかりと引き出してくれる調理器具を使用したいのであれば、土鍋がおすすめです。 現在、様々なタイプの土鍋があり、一人暮らし向けからファミリー向けなど様々な用途に合わせて利用することができます。 また、意外にも料理が苦手という方からも人気を集めているのです。

  9. 人気の土鍋を使いこなして料理上手になろう

    これまで冬に使うものというイメージだった土鍋が、新たな魅力の発見によって生活に欠かせない調理器具という印象に代わってきています。 じっくり熱が伝わるから素材の旨味を引き出せますし、保温性の高さから余熱を使ったエコ調理が可能です。

  10. 土鍋で様々なお料理にチャレンジ

    土鍋というと冬場のお鍋料理に使うものと決めつけている方や、鍋のための調理器具と固定イメージをお持ちの方も少なくありません。ですが、土鍋は使い方次第や斬新なアイディアによって多様な食材を用いた多彩な調理に利用できます。

ページ上部へ戻る