ブログ

ごはん鍋の魅力

  • やっぱりごはんが食べたくなったときは

デパ地下や、品揃えの豊富なスーパーに行くと、焼き立てパンのいい香りが漂ってきて、思わず>
あれもこれもと買ってしまうことがよくあります。
パンというのは不思議なもので、食べだすとハマってしまい、しばらくの間
パンばかり食べ続けるという状況に陥ることもしばしばです。
けれど、今からさかのぼること3000年も前に、すでに日本ではお米が栽培されていたといわれることからも
分かるように、日本人は長い歴史の中でずっとお米を食べて生きてきました。
現代社会ではいとも簡単に様々なパンが手に入りますが、これまた不思議なことに、
一定期間パンを食べ続ける生活をしていると、無性にごはんが食べたくなるのです。
食べたくなるのは炊きたての白いごはんだったり、塩だけで作ったおむすびだったりと
人によって違いますが、とにかく白いごはんが食べたくなるのですから、ここから日本人のDNAに深く根付いた
主食は何かということが分かるというものです。
さらに不思議なことに、しばらくパンを食べる食生活を続けていると、ごはんを食べたときに
ただただ、ごはんを食べていたいという気になるほど、白いごはんが美味しく感じられることがあります。
これもやはりDNAのなせるわざなのでしょうか。
そんな「やっぱりごはんが食べたいな」と思ったときには、ぜひ土鍋でごはんを炊いてみるのがおすすめです。
六鍋のごはん鍋は、ごはんを炊くことを目的に作られた専用の土鍋ですので、火加減の調整も非常に簡単です。
強火と弱火でそれぞれ10分ずつ炊いたら、あとは火を止めて10分蒸らすだけで、
炊飯器には炊くことのできない美味しいごはんが炊き上がります。
時間にすると、火にかけているのはたったの20分、
食べられるまでに要する時間も30分と、炊飯器よりも早く出来上がるところも魅力です。
何といっても甘みと粘りが強い美味しいごはんが炊けますので、
まさに「ごはんだけ食べていれば幸せ」状態になることでしょう。
そんな土鍋ごはん、ぜひ体験してみたいものです。

 

  • 電気炊飯器では出せない味が堪能できるごはん鍋の魅力

ほとんどの家庭では、電動の炊飯器でごはんを炊いています。
お米を研いで、そのまま蓋をしてスイッチを入れればあとは自動的に炊き上がる手軽さから、
炊飯器は多くの家庭で必需品となっています。
しかし、手軽な炊飯器では、必ずしも満足のいく仕上がりになるとは限りません。
そこで、日本古来の美味しいごはんの炊き方を追求した土鍋でなら、
ごはんのふっくらとした食感や甘みを楽しむことができます。
一般的な炊飯器では再現することが難しく、決して味わうことができないごはんを食べることが可能です。
数ある土鍋の中でも六鍋は、五つの特徴を持ち、理想のごはんを実現してくれます。
その六つの特徴は、まず耐熱・耐火性に優れており、燃えにくく変形しづらい点です。
2つ目は、鍋の裏まで釉薬が塗られている点で、頑丈さに磨きをかけています。
3つ目は、耐久性があり、割れにくくなっています。
4つ目は、匠の技で作られたそのデザインで、愛情をこめて一つひとつが手作りされており、温かみが感じられます。
5つ目は、六鍋は実績豊富で、
多くの利用者から、一度使用しただけでその実力を感じていただき、高評価を頂いている点です。
口コミでも、電気炊飯器で炊いたときよりも圧倒的に美味しく炊けて、
さらに、鍋底に付くおこげも美味しいとの声が目立ちます。
以上の五つの優れた特徴を併せ持つ六鍋は、プロの料理屋だけでなく、家庭でも電気炊飯器では物足りず、
こだわりの美味しいごはんが食べたいと希望される方にとっても優れています。
口コミでも人気になっている六鍋は数あるごはん鍋の中でも最高の逸品といえ、大変おすすめです。

関連記事

ページ上部へ戻る