ブログ

  1. 古米でも美味しさを引きだたせてくれる六鍋

    お米には新米や古米と分類されますが、新米は瑞々しい味がするのですが、古米はどうしても米の内部の水分が失われて、炊飯した時にパサパサ感を生じることが多いです。

  2. 六鍋が人気を集めている理由

    使いやすく食材の旨味をしっかりと引き出してくれる調理器具を使用したいのであれば、土鍋がおすすめです。 現在、様々なタイプの土鍋があり、一人暮らし向けからファミリー向けなど様々な用途に合わせて利用することができます。 また、意外にも料理が苦手という方からも人気を集めているのです。

  3. 人気の土鍋を使いこなして料理上手になろう

    これまで冬に使うものというイメージだった土鍋が、新たな魅力の発見によって生活に欠かせない調理器具という印象に代わってきています。 じっくり熱が伝わるから素材の旨味を引き出せますし、保温性の高さから余熱を使ったエコ調理が可能です。

  4. 土鍋で様々なお料理にチャレンジ

    土鍋というと冬場のお鍋料理に使うものと決めつけている方や、鍋のための調理器具と固定イメージをお持ちの方も少なくありません。ですが、土鍋は使い方次第や斬新なアイディアによって多様な食材を用いた多彩な調理に利用できます。

  5. 六鍋を使えば食生活が充実します

    キッチンには様々な用品を置きますが、一つでも持っておきたいキッチン用品が土鍋です。 土鍋は温かみがあるだけでなく存在感がありますし、また煮込み料理や美味しいご飯を作ることができます。 とても便利な鍋ですし、一度は使ってみたいと考えている方が沢山います。

  6. 簡単に使える土鍋がおすすめ

    和食が世界遺産に登録されたことや、パン食に比べて動物性脂肪が少なくてヘルシーであることから、日本人の主食であるご飯が見直されてきています。そのため、家電製品各社はおいしいご飯が炊けるという炊飯器をどんどん開発し、市場に投入しています。

  7. 簡単にご飯が炊けるご飯お勧めの鍋

    旅館や料亭などへ頂く炊きたての白米はとても甘くておいしいです。旅館や料亭では家庭用の電気炊飯器を使わずに、丁寧に土鍋でご飯を炊いているから美味しく仕上がります。 電気炊飯器が普及する前の日本では、釜戸でご飯を炊くのが当たり前の時代でしたが、かなり手間がかかります。

  8. 土鍋で、おせちの準備<黒豆>

    お正月に限らす、食べたいしっとり黒豆。年末に作ることができました。 今年は沢山の方に出会うことができた一年でした。 来年も感謝を忘れす、新年を迎えたいです。<作り方> 1.黒豆を洗い、土鍋に入れて水に浸して一晩おく。 2.砂糖を入れて、火にかける。

  9. 土鍋でおやつ作り <生姜の砂糖漬け>

      パンチの効いた、甘くて温かくなくなる、しょうがの砂糖漬けをつくりました。 地元の道の駅で、無農薬のしょうがが販売されていました。 生姜は初夏が旬では!?と思いながらも、購入。 帰ってから調べてみると、実は生姜の旬は秋みたい。ハウス技術で夏もできるようになったようです。

  10. 一人用土鍋でおでん

    コンビニやデパ地下でも買えるようになったおでん。コトコトと低温で煮込むと味が染み込むおでん。 寒くなるとお一人様でもご家族で食べたくなるおでん。 今回は一人用土鍋で作りました。 おでんの具材は、大根に卵、それからタコにお揚げでちくわにしました。

ページ上部へ戻る