ブログ

  1. 美味しい御飯と出会える土鍋

    各家庭に鍋を持っている世帯は多いです。煮物やみそ汁を作る用の鍋かた、短時間で調理ができる圧力鍋、それに寒い時期に活躍するお鍋用の土鍋など調理に応じた鍋があります。 料理を美味しくするためのお鍋がたくさんありますが、白米がおいしくなる調理器具と言えば電気炊飯器が真っ先に思い浮かびます。

  2. 今よりも料理を楽しみたい方に土鍋がおすすめです。

    柔らかくて食材の旨味をしっかりと感じられる料理を食べたい方には、鍋料理やご飯を美味しく食べられる土鍋がおすすめです。現在、鍋を楽しめる土鍋の他にもお米を美味しく炊けるご飯鍋が人気を集めています。

  3. ご飯鍋で毎日美味しいご飯料理を

    ふっくら美味しいご飯を毎日気軽に食べたいなら、六鍋シリーズのご飯鍋がおすすめです。土鍋でご飯を炊くのは大変そうと感じる方も、一度炊いてみれば思ったよりずっと簡単と感じることでしょう。 慣れてしまえば炊飯器で炊くのと同じような感覚で、毎日苦にならずに炊くことができるようになります。

  4. 美味しいご飯を炊くならごはん鍋がおすすめ

    土鍋の中でも炊飯専用に使えるご飯鍋が人気となっています。土鍋は煮込み料理や炊飯に使えますが、炊飯に特化した物ですので手軽に美味しいご飯を炊くことができます。 料理初心者の方でも加熱や蒸らしの時間と水加減に気をつければ、料理歴の長い方やプロの料理人と遜色ないご飯が炊けるでしょう。

  5. ご飯鍋を使う日々。

    3合サイズのご飯鍋を使って、ご飯を炊いています。でも3合分よりも2合分を炊くことが、日常です。ではなぜ3合炊きご飯鍋を使うかといいますとそれは、炊き込みご飯や混ぜご飯にするときにとても便利だからです。季節に合わせて、様々な食材を入れて炊き込んでいます。

  6. 冷めても美味しいおすすめのご飯鍋

    昔に比べご飯は簡単に炊けるものになりました。炊飯器のスイッチを入れればいいだけなのですからとても簡単です。 高機能な炊飯器もたくさん登場していますが、もっと美味しいご飯を食べてみたいと思いませんか。 それなら、ご飯鍋をおすすめします。

  7. ご飯を土鍋で炊きたい人におすすめ

    最近、ご飯を土鍋で炊く人が増えてきています。少人数の世帯が増え、たくさんのご飯を炊飯器で炊くよりも、土鍋で一人か二人分だけ炊いた方が、おいしくて無駄がないという理由からだそうですが、それだけではありません。

  8. 新米を炊く。

    10月に入ると新米の販売が始まりますね。 工房にも近江米が届いたので、早速ご飯鍋で炊きました。 いつも二合を炊く場合に、レシピでは水の量を430mlと紹介しています。 土鍋で炊く場合、お米の量✖️1.2〜1.3の水の量になり、強火で10分、弱火10分、蒸すこと10分で完成。

  9. 古米でも美味しさを引きだたせてくれる六鍋

    お米には新米や古米と分類されますが、新米は瑞々しい味がするのですが、古米はどうしても米の内部の水分が失われて、炊飯した時にパサパサ感を生じることが多いです。

  10. ご飯鍋でご飯がおいしくできる理由と六鍋のすすめ。

    ご飯を炊くときは大半は炊飯器が使われているご家庭が多いです。ご飯鍋でお米を炊くことは滅多にないのではないでしょうか。 しかし、炊飯器よりもご飯鍋で炊く方がお米がより一層おいしくなります。 その訳を解き明かしていきましょう。

ページ上部へ戻る