商品

  1. 六鍋の土鍋でごはんを食べるのがおすすめ

    ごはんを食べるスタイルは人それぞれですが、土鍋で食べているという人は意外と少ないのではないでしょうか? 土鍋とは実は日本古来から伝わる調理器具で、その初登場はなんと6000〜7000年前の縄文時代までさかのぼります。 縄文時代といえば有名なのが縄文土器です。

  2. 六鍋の土鍋ならアウトドアでも使えます

    アウトドアでは、焚き火など強い火力に耐えられる調理器具が活躍します。一般的にはダッチオーブンがアウトドアで役立つと話題になっていますが、実は六鍋の土鍋もダッチオーブンには負けていません。 六鍋は専門作家が一つひとつ丁寧に手作りで作っており、プロも満足できるものが売られています。

  3. ご飯鍋でご飯のレパートリーも広がる

    ご飯鍋は白いご飯が炊けるだけ、炊飯器の土鍋バージョン程度に思っている方も、六鍋シリーズを使えばイメージが変わります。

  4. 土鍋でご飯を炊けば家族で食卓を囲むシーンが増えるはず

    せっかく夕食を作ったのにご主人は付き合いや飲み会で遅くなると急に連絡が入ったり、大学生や専門学生、社会人になったお子様も急に友達と食事をしてくるなどとメールが入ってドタキャンされて悲しい、悔しいと悩んでいる主婦の方も多いかもしれません。

  5. 美味しいご飯が食べられるご飯鍋

    土鍋でご飯を炊くとお米の美味しさを最大限引き出してくれます。美味しいご飯を炊くには、火加減が何よりも大切だと言われていますが、土鍋を使うとお米の芯にまでしっかりと火を通しじっくりと炊き上げることができます。 今や炊飯道具としてご飯鍋が多くの家庭で活躍しており、年齢や性別を問わず人気です。

  6. 六鍋のご飯鍋ならご飯がもっちりと炊き上がります

    米粒にしっかりと火を通したり、またムラ無く炊くことによってお米を美味しく炊くことができます。 そのため、値段が高いお米であったり、また新米を使ってもこのような方法を行わなければ美味しく出来上がりません。

  7. 時短と光熱費節約にもなるご飯鍋は一人暮らしの方にも人気です

    1人暮らしをしていると食事も簡単に済ませがちです。一方で、節約や健康面のことを考えて自炊に挑戦する方も多いでしょう。 そこで、主食であるご飯をどうするかと考えた時、炊飯器の他に土鍋という選択肢も加えてみてはいかがでしょうか。

ページ上部へ戻る