製作

  1. 土鍋を割ったことがある方にこそ六鍋がおすすめです

    土鍋でご飯を炊くと美味しいと話題になり、自分もやってみたという方も多いのではないでしょうか。ですが、中には長時間加熱しすぎてなべ底を真っ黒にしてしまったり、急に冷たいところに置いて割ってしまったという方もいるかと思います。 こうなると、自分には無理だと諦めてしまう方も少なくありません。

  2. 安心して購入できる土鍋専門店

    現在、ネット通販でも手軽に購入できる土鍋が増えています。土鍋を使って美味しい料理を食べたい。 でもどれを選べばいいのか分からない。 こんなお悩みがある方は、土鍋専門店をチェックしてみるといいかもしれません。 土鍋といっても様々なタイプがあります。

  3. 土鍋ご飯鍋は蓋も重要

    土鍋のご飯鍋は陶器の一種ですから......胴体と蓋がありますが磁器の蓋物の様にきっちり合いがあわずに少しカタカタしているなと思ったりしたことはありませんか?成形時点でキッチリ合いがあっていても、窯の中で1200℃以上で焼いているうちに少し歪んだりしてしまうことがあります。

  4. ご飯鍋を購入するなら土鍋専門店の購入を

    近年では、食育が盛んになり、日本古来の郷土食や和食が見直されるようになっていて、主食には従来の白米や栄養面で優れている玄米や雑穀ご飯を再評価する声もあります。しかし、炊飯器を使ってご飯を炊いても、時間が経ってしまうと美味しくないと不満の声もあります。

  5. 紅黒9寸スッポン鍋

    沢山九寸スッポン鍋の注文を頂き 焼きあがりました〜綺麗に焼けてます。蓋の形を少し変更して欲しいと言われ変更しました。

  6. 土鍋 削り作業

    削り作業土鍋 ご飯鍋の削り作業は余計な土が多い為に結構削ります。裏の生地自体はザラザラになるように削って、内側は綺麗にツルツルに仕上げます。これは釉薬がついた時に質感が変わり裏側は濃淡もできます。「六鍋」ではそのように行っています。

  7. 1人用ポトフ鍋

    1人用ポトフ鍋100個は大変です。いや〜嬉しいかぎりなのか大変なのかよぅわかりませんわ。

  8. 六鍋の土鍋でごはんを食べるのがおすすめ

    ごはんを食べるスタイルは人それぞれですが、土鍋で食べているという人は意外と少ないのではないでしょうか? 土鍋とは実は日本古来から伝わる調理器具で、その初登場はなんと6000〜7000年前の縄文時代までさかのぼります。 縄文時代といえば有名なのが縄文土器です。

  9. 紅黒のスッポン鍋、すきしゃぶ鍋 完成

    お客様(料理長)よりリクエストがあって。最近、すき焼き鍋、すっぽん鍋も黒っぽい色のを作って欲しいと言われ、色々試行錯誤して作っていました。

  10. 土鍋で炊いたご飯の美味しさは抜群です

    お米をふっくらと炊き美味しさをアップするなら土鍋の存在が欠かせません。今や炊飯器よりも手軽に美味しいご飯が炊けると評判です。 実は、お米が炊き上がる時間も僅か30分ほどとなっているため、忙しいママにもおすすめの調理器具なのです。

ページ上部へ戻る