特徴

  1. なぜ土鍋で炊くごはんは美味しいのでしょう

    炊飯器で炊くごはんより、土鍋で炊くごはんのほうが美味しいと感じたことはありませんか。熱伝導率が違うからです。 美味しいごはんを炊くためには沸騰までの時間が約10分ほど必要です。 金属の鍋は急激に温度が上昇するため、沸騰までの時間が短いままごはんが炊き上がってしまいます。

  2. 六鍋のご飯鍋の特徴はシンプルで使いやすいこと

    日本人の食卓に欠かせないのが、お米です。古来から、日本人はお米を主食として食べてきました。 昔は、直接火をおこして、その上に釜や土鍋などをのせて、ごはんを炊いていました。

  3. ご飯鍋を長く使うためのお手入れ方法とは

    職人が手掛けたご飯鍋でお米を炊くと、一粒一粒が甘みのある、もっちりとして火の通りにムラのない、おいしいご飯を作ることができます。ご飯鍋は電子レンジでも使用でき、ご飯が鍋に残ったままのときに温めなおせば、炊き立てに近い状態まで戻すことが可能です。

  4. 美味しいご飯の食べ方も広がるご飯鍋がおすすめ

    日本人ならやっぱりご飯ですが、気軽な炊飯器では何か違うと思われる方も多いのではないでしょうか。 銀シャリご飯が自慢の定食屋さんやお弁当店のご飯と、電気釜で炊いたご飯に何が違うのかといえば、やはりご飯鍋を使っているかどうかです。

  5. ご飯鍋が持つ優れた特徴とは

    最近はガスコンロを使って鍋で炊くご飯が美味しいと口コミで広まっていることもあり、ご飯鍋を買い求める人が増えています。ご飯鍋の素材はいろいろありますが、中でも人気なのが土鍋です。

  6. おすすめのご飯鍋を買って良かったです

    最近の炊飯器は高価な製品も多く、美味しくご飯を炊くことができ、それで満足されている方は少なくありません。 しかし、六鍋のご飯鍋で炊くご飯の方がもっと美味しく、特におこげの美味しさは驚くくらいだと言う同僚がいて、土鍋のご飯に興味を持ちました。

  7. 誰でも失敗なく便利に使えて省エネにもなるのが特徴のご飯鍋

    ご飯鍋の特徴としては、誰でも手軽にご飯をふっくらと美味しく炊き上げられるようにするために、さまざまな工夫を凝らして作られていることが挙げられます。具体的にはまず、形状に工夫が凝らされています。

  8. 1合炊き ごはん鍋は最近人気です。

    1合炊く ごはん鍋は一人用最近 お料理屋さんなどでは凄く1合、1.5合サイズのごはん鍋が凄く人気で注文を頂きます。

  9. ご飯鍋の特徴とふたについて

    ご飯鍋には土鍋が使われていることが多いです。ご飯鍋には土鍋が使われていることが多いです。特徴としては、金属製の調理器具と比べて、加熱をしても鍋全体に熱が伝わるのが遅いです。しかし、いったん熱が全体に回ってからは、火を止めても冷めにくくなり、温度を保つことができます。

ページ上部へ戻る