使用方法

  1. ご飯鍋で炊いたご飯で、ちらし寿司

    寿司飯もご飯鍋で炊きます。気をつける点は、水の量と炊き上がれば器を変えることの2点です。 水の量はお米:水=1:1です。しっかり減らします。 炊き上がれば器を変えるのは、お焦げを作らないためです。 いつもならお焦げがご飯鍋の醍醐味ですが、寿司飯には少々控えます。

  2. 片手土鍋で煮込みハンバーグ

      土鍋に火を掛けて、油をひと塗りしてかハンバーグタネを好きな大きさに整えて入れる。 ・・これっていつもの普通の方法だなー。フライパンや鍋が土鍋に変わっただけ!?。 やってみました。 手付き片手土鍋を使いました。 蓋はありません。

  3. お焦げ!

    ご飯鍋を使って「強火10分・弱火10分・火を止めて10分」と炊くのだが、強火の時しぶきがあがるほど吹くときもあれば、 静かに強火の10分が過ぎることもある。 初めて炊いたときは土鍋の中での沸騰が素晴らしく、コンロ中にしぶきが飛ぶ飛ぶ。

  4. 土鍋と鉄鍋

    5月に入ると、外で食事ができるいい季節になってくる。梅雨の季節を除けば、キャンプにバーベキューとアウトドアーの季節到来である。

  5. とうもろこしの炊き込みご飯

    子どもも大好き!なとうもろこしご飯の作り方です。 <作り方>調理時間10分 1.お米を洗って、水切りをする(30分程度) 2.とうもろこしは皮やヒゲと取り、三等分に切る。実を削ぎ落とす。 3.ご飯用土鍋にお米、とうもろこし、お醤油、水をいれてかき混ぜる。

  6. おにぎり

    料理は決して得意ではない。一人暮らしを始めることを決めた時も料理がこんなに大変だとはわかっていたかったし、想像もしていなかった。思い出すのは、一人分のカレーを作ればいいのに、でき上がったのは4〜5人ぶんのカレーの量で、何日も食べ続けたことである。

  7. 土鍋パン×くるみ

    初の土鍋パンが焼けて、次に焼くなら胡桃かブドウで焼こうと思った。この二つの素材パンが好きだから、自分好みが自由に焼くことができればいいではないか。どちらにしようかと思っていたら、くるみがスーパーフードだと番組で流れていた。知らなかった。

  8. ご飯鍋と土鍋を使って美味しい料理を作りましょう

    健康をキープする為には体を日々作らなければならない為、毎日の食事が基本となります。 料理を食べる場合は美味しくて健康に良い物を食べたいですが、もし料理に味気が無かったり、また硬くて冷たければ毎日食べられません。

  9. 人気が高まっている土鍋について

    色々な方に注目されているのが土鍋を使った料理です。 現代人は時間に追われているので、どうしても簡単なご飯で済ませてしまうことがありますが、土鍋を使えば本格的な料理を作れますし、また親しい方々や家族と食事を楽しめます。

  10. 六鍋のご飯鍋でおいしいご飯を炊く炊き方

    炊飯器で保温したご飯を食べるよりも、食べる都度に6つの特徴をもった土鍋専門店の六鍋のご飯鍋でご飯を炊くことで、いつも温かくおいしいご飯を食べられます。

ページ上部へ戻る