使用方法

  1. 新米を炊く。

    10月に入ると新米の販売が始まりますね。 工房にも近江米が届いたので、早速ご飯鍋で炊きました。 いつも二合を炊く場合に、レシピでは水の量を430mlと紹介しています。 土鍋で炊く場合、お米の量✖️1.2〜1.3の水の量になり、強火で10分、弱火10分、蒸すこと10分で完成。

  2. 土鍋のメンテナンス

    土鍋は陶器ですが、そろりそろりと洗うのではなくタワシでゴシゴシと洗います。 お鍋なので、焦げ付きができるときもあります。 六鍋の土鍋は釉薬の加減で、焦げ付きににくい特性がありますが、それでも使ってくれば味が出てきますし、焦げも付いてきます。 そこで活躍するのは、タワシ。

  3. 土鍋で炊くご飯が人気の理由

    最近は、子育て世代でも子供は一人だけという家庭が多くなり、さらに子供が成長すると家を出て、一人暮らしをしたり、結婚するとなると独自に世帯を構えることが当たり前です。

  4. ガスコンロが2口あったら揃えたい土鍋とご飯鍋

    毎日の食事は体を作り、健康を保つうえでも大切です。 体にいいものを美味しくいただきたいものです。 美味しいと感じることが一番大切で、どんなに体にいい素材でも冷たい、硬い、味気ないなど美味しく調理されていないと食べるのも嫌になってしまいます。

  5. トマトリゾット

    トマト煮込み後のスープを使って、お昼ご飯を作りました。 チキンの旨味がスープに出ているので、捨てるなんでもったないですよ。 少なくたって大丈夫。

  6. 骨付きチキンのトマト煮込み

    土鍋=煮物・茶色い食卓・・と思われそうですが、確かに・・と思ったので トマトの赤と緑のほうれん草を使って、トマト煮込みを作りました。 八寸土鍋を熱した後に油を引いて、骨つきモモ肉を入れて焦げ目を付けます。

  7. ふっくらツヤツヤ?土鍋でごはんを炊くと美味しい3つの理由

    美味しいご飯を炊く方法を調べると、必ずと言っていいほど挙げられているのが土鍋で炊く方法です。 最近ではご飯を炊くのに特化したご飯鍋も登場し、エコで美味しいと話題になっています。

  8. 櫃まぶし(うなぎ〜)

    今年の土用の丑は、二度訪れました。 やっぱり鰻を焼くことはできませんが、ご飯を美味しく炊いて櫃まぶしにすることは、できる!。 と思い、早速蒲焼を買って帰りました。 ご飯鍋を器にして贅沢に食べようと思って、一合ご飯鍋で炊きました。

  9. 半夏生(はんげしょう)にたこを食べる。

     スーパーで「半夏生・タコを食べよう!」の宣伝があり、?と思い、帰ってネットで調べてみた。半夏生とは、季節を表す言葉であるようで、節分や八十八夜などと同じより季節の移り変わりを表現する言葉で「雑節」といわれるものだそうです。 半夏生は梅雨の終わりゴロを指めす言葉になるそうです。

  10. 土鍋で、土用の丑の日

    7月25日は土用の丑の日土鍋屋なので、うなぎを焼くことはできませんが、うな重にするためのご飯を炊くことはできます。 贅沢にうなぎを味わおう!と思い、七寸サイズの土鍋を器分の土鍋ご飯を炊きました。

ページ上部へ戻る