使用方法

  1. 土鍋と鉄鍋

    5月に入ると、外で食事ができるいい季節になってくる。梅雨の季節を除けば、キャンプにバーベキューとアウトドアーの季節到来である。

  2. おにぎり

    料理は決して得意ではない。一人暮らしを始めることを決めた時も料理がこんなに大変だとはわかっていたかったし、想像もしていなかった。思い出すのは、一人分のカレーを作ればいいのに、でき上がったのは4〜5人ぶんのカレーの量で、何日も食べ続けたことである。

  3. 土鍋パン×くるみ

    初の土鍋パンが焼けて、次に焼くなら胡桃かブドウで焼こうと思った。この二つの素材パンが好きだから、自分好みが自由に焼くことができればいいではないか。どちらにしようかと思っていたら、くるみがスーパーフードだと番組で流れていた。知らなかった。

  4. 六鍋のご飯鍋でおいしいご飯を炊く炊き方

    炊飯器で保温したご飯を食べるよりも、食べる都度に6つの特徴をもった土鍋専門店の六鍋のご飯鍋でご飯を炊くことで、いつも温かくおいしいご飯を食べられます。

  5. お米を炊いたり保存したりと様々な使い方ができるご飯鍋

    一般的な土鍋・ご飯鍋の使い方には、使い始めのときに目止めという作業が必要だと書かれている場合が多くなっています。水溶き片栗粉やお米のとぎ汁、お粥などを使って貫入を塞ぐことで、鍋をヒビ割れしにくくしたり、ニオイ移りしにくくしたりする効果が期待できるのです。

  6. ご飯鍋でのおいしいご飯の炊き方

    日本人の主食といえば温かいご飯を思い浮かべる方も多いでしょう。今は炊飯器で簡単に炊けますがこの際思い切ってご飯鍋で炊いてみてみましょう。一流料亭や旅館で食べられるあのホカホカご飯がご家庭でも簡単に炊くことができます。炊き方についてですが、お米の量は普段炊飯器で炊く際の量と同じです。

  7. ご飯鍋を利用した白米の美味しい炊き方

    ご飯鍋を使った白米の炊き方は、お米を洗って水を入れ、加熱して、蒸らすという4つのステップに分かれています。お米を洗う際にはまず、ボウルに白米とたっぷりの水を入れて手で10回ほどかき回し、濁った水を捨てるという動作を3度ほど繰り返します。

  8. 毎日でも使いたいご飯鍋のお手入れ方法

    日本人の主食として欠かせないご飯ですが、現代の生活ではスイッチ1つで炊ける電気釜が主流です。 さらに中にはお米を洗ったり、電気釜で炊くのも面倒と、パックご飯をレンジで温めるだけという生活スタイルの方も増えています。

  9. ご飯鍋で玄米を炊くときは白米の炊き方との違いを意識しましょう

    土鍋専門店の六鍋のご飯鍋は、白米だけではなく玄米を美味しく炊くのにも利用できるのが魅力です。ただし、白米を炊く場合とは少し違った炊き方のコツがあるので、確認した上で調理を始めることが大切になります。

  10. 家族が揃うと口コミでも評判な3合炊きご飯鍋で炊き込みご飯を

    友人の家に遊びに行った時に出されたのが、六鍋のご飯鍋で作った鶏の炊き込みご飯でした。 家でも鶏の炊き込みご飯はよく作るのですが、この六鍋のご飯鍋で作られた炊き込みご飯は鶏も軟らかく、お米もモチモチしていて艶があり甘みも感じられ我が家の炊き込みご飯より美味しく、ショックを受けるほどでした。

ページ上部へ戻る