ブログ

土鍋で、自家製いちごジャム

苺は、とても人気な果物ですね。フルーツコーナーには一年中鎮座されていますし、2月になるといちご狩りが早くも始まります。
早く春が来ないかな〜と思う時期でもあるので、ノボリを見るとワクワクするものです。
いつでも愛されている苺。旬はやはり4月〜5月でしょうか。
苺の前を通るだけでも、甘い香りが漂い、おいしそう〜食べたい!と感じます。
地元の野菜市にも苺が並びます。
立派な苺。そのなかに小粒の苺も売られています。
そんな苺を見つければ、ジャム作りのチャンスです。是非買って、手作りジャムを作ってみませんか。
昨年は、いちご煮を作りました。今年は、ジャムを作りたいと思います。
どう違う?煮詰めるところでしょうか(笑)

<作り方>土鍋サイズ:ポトフ土鍋・大
1.ポトフ土鍋に苺・砂糖レモン汁を加えて、混ぜる。
2.水分が出るまで、置く。(1時間以上、一晩)
3.鍋を火にかけ、混ぜながら煮る。煮立てば、弱火にして絶えず煮立たせ
 アクを除きながら、全体にとろみがつくまで煮る。(完成)
 

 

<材料>
・苺 1㎏
・砂糖(あれば、グラニュー糖) 300g
・レモン汁 大さじ1
<ポイント>
・苺と苺の間に水分が見えてくれば、準備OK。
・でき上がったいちごジャムは、熱いうちに沸騰消毒した瓶に詰めましょう。
<沸騰消毒の方法>
①大きめの鍋に蓋と便を入れて、しっかり沈む量の水を入れて、沸騰させる。
②湯から取り出し、ザルに瓶の口(蓋も同じく)を下にして入れ、水気をきる。

関連記事

ページ上部へ戻る