ブログ

簡単に使える土鍋がおすすめ

和食が世界遺産に登録されたことや、パン食に比べて動物性脂肪が少なくてヘルシーであることから、日本人の主食であるご飯が見直されてきています。

そのため、家電製品各社はおいしいご飯が炊けるという炊飯器をどんどん開発し、市場に投入しています。
中には10万円以上する高価なものもあり、一体どれほどおいしいご飯が炊けるのか、一度経験してみたいと思っている人は多いのではないでしょうか。
そんな中、土鍋でおいしいご飯が炊けるという口コミが広まり、今ではすっかり炊飯器の出番がなくなったという人も耳にします。
お米の一粒一粒にしっかりと熱が通り、ふっくらと炊き上がるため、まさにお米が立ち上がった状態に炊き上がるというのです。
ただ、土鍋によっては温度の調節がむずかしいものもあり、どんな土鍋でもいいというわけではないという声も聞かれます。
そのため、これから買おうと考えている人には、ご飯を炊くという目的のために職人が一つ一つ手作りしたという、六鍋のご飯鍋を購入するのがおすすめです。
強火、弱火、蒸らしの三工程で炊きますが、それぞれ10分間でよいというのは非常に覚えやすく、またわかりやすいといえます。
これなら、取り扱い説明書と常ににらめっこせずとも、慣れればそれこそ簡単に炊くことができます。
商品ラインナップは豊富に揃っており、一人分に最適な1合炊きから、家族みんなで食べられる5合炊きまでそろっています。
使用目的に合わせていくつか買っておくのもいいですし、食べたいときに炊き立てを食べたいのであれば、小さめサイズを買って、こまめに炊くのがいいでしょう。
定番のツバありデザインから、料理人が提案しこだわりのたツバなしタイプもあり、おいしいご飯が炊けた暁には、両方のご飯鍋が欲しくなってしまいそうです。
おいしいご飯が炊けるのに、使い方は簡単ということで、同じ買うなら六鍋のご飯鍋を買うのが、その他の土鍋を買うよりも間違いがないといえそうです。

関連記事

ページ上部へ戻る