ブログ

ご飯鍋で炊いたご飯で、ちらし寿司

寿司飯もご飯鍋で炊きます。

気をつける点は、水の量と炊き上がれば器を変えることの2点です。
水の量はお米:水=1:1です。しっかり減らします。
炊き上がれば器を変えるのは、お焦げを作らないためです。
いつもならお焦げがご飯鍋の醍醐味ですが、寿司飯には少々控えます。
強火10分→弱火10分→火を止めて10分は変わらずで、炊き上がります。
寿司酢をまぶす前に、器を変えましよう。
今回は八寸飴色土鍋に入れ替えて寿司酢をまぶして、具材を入れて出来上がりました。
土鍋のまま食卓に出して、各々が取り分けて、好きな分の錦糸卵を掛けて頂きました。
ほんのり温かいちらし寿司もいいですよ。

関連記事

ページ上部へ戻る