ブログ

初とうもろこしご飯

初とうもろこしご飯

六鍋の3合炊きご飯鍋を使って、トウモロコシご飯を炊いてみました。

夏野菜がもうスーパーに並び始めいている。野菜たちの値段も段々とお手頃になり、トマトの種類も豊富になってきている野菜コーナーにトウモロコシがもう並べられていて、さっそくとうもろこしご飯をごはん鍋で炊くことにした。

   

生のとうもろこしを一本購入。削ぎ落としたとうもろこしとお米と醤油で火に掛けるという、とてもシンプルな作り方。強火10分→弱火10分→蒸らし10分といつものご飯鍋の炊き方で、いつものふっくらご飯にとうもろこしと醤油の甘く香ばしい香りがする炊き込みご飯ができる。炊き込みご飯は季節を感じられる一品。春は豆ご飯で夏はとうもろこし、秋はきのこやさつまいもといった感じで食卓を彩ってくれる。手軽さらかつい炊いてしまう。3合ご飯鍋ならば1合半のお米に対して、こうもろこしなら1本で十分味わえるし、うすいえんどう豆やキノコなら好きな量を混ぜればいいし、さつまいものなら1本で楽しめる。蓋を開けるのがとても楽しみだ。

今日は初とうもろこしご飯なので、ご飯がメインのランチメニューだ、トウモロコシの甘みが上品で すごく美味しかった。

関連記事

ページ上部へ戻る