ブログ

口コミで大人気のご飯鍋、3合炊きが選ばれる理由

土鍋で炊き上げたご飯は、もっちりとしていて香りがよく、多くの料理屋でも自慢の品として提供しているように、家庭の電気釜で炊いたご飯とは違いがあります。

しかし、土鍋は容量も様々な上、米を炊く事を前提に作られているわけではありませんので、家庭で毎日のご飯を土鍋で炊くとなると手間がかかってしまいます。
また炊き上がりを良くするためには、炊いている土鍋の中の圧力や温度を下げない工夫や、火加減の調整など様々なコツが必要です。
土鍋で炊き上げるコツとしては「はじめちょろちょろ中パッパ、赤子泣いても蓋取るな」と言われていますが、そのような曖昧な方法では上手にご飯を炊くことはとても難しいです。
このような曖昧なご飯炊きのコツを簡単に実現することができることで、ご飯鍋は口コミで人気になりました。
ご飯鍋はご飯炊き専用の鍋で、3合炊きがよく選ばれています。
美味しくご飯を炊きあげるために最も大切なのは熱を均一に行きわたらせ、その温度を逃さないことです。
このことによって米の細胞を壊すことなく水分を芯までしっかりと行きわたらせ、ふっくらと米の粒が立ったハリとツヤのあるご飯が炊きあがります。
土鍋で炊く場合にはその体積が大きくなるほどに火加減の調整が難しいです。
特に3合よりも大きな体積の物になると火加減の調整が難しく、焦がしてまったり炊きムラを作ってしまうことがあります。
また土鍋を利用するとコンロを一つ独占してしまうのも問題です。
そのため炊きあがりがなるべく早く場所を独占しない小型のものが便利です。
3合炊きご飯鍋は火加減の調整が難しくなく、小型で場所も取りません。
加えて体積が小さいため短時間で高温に達するのでとても使いやすい土鍋です。
更に六鍋のようなご飯専用の土鍋は余熱の調整もしやすく、しっかりと糊化のすすんだ、粘りと甘味のあるご飯を楽しめます。

関連記事

ページ上部へ戻る