ブログ

口コミでも話題の3合炊きご飯鍋がおいしい理由とは

ネット上の口コミでもご飯を専門的に炊くため、ご飯鍋が紹介されていることも多いですが、実際に炊いて食べた人のほとんどが炊飯器よりおいしいという声も見られます。

電気炊飯器ではじわじわと熱を加える方法がありますが、土鍋であるとガスの火が均一な鍋の厚さにより、その熱さが均一的に米の芯より伝わるのが特徴的です。
またガスの熱は強い面があるため、米を弾く様な感じで爆発状態に持って行くことができますので、一粒一粒が立ち上がる様に形成される点があります。
芯を残さずふっくらと炊き上げることができることは、ご飯鍋だからこそ可能となります。
熱が伝わる中で弾けることで、米が鍋の中を良く動き続けることがポイントで、普通の一般的な電気炊飯器では実現することが難しい点です。
他にご飯鍋の優れた点は、熱を加えた状態からの蒸らしとほぐしを行うことでごはんをより一層おいしくする効果をもたらします。
しかも3合炊きが多過ぎも少なすぎもしない理想の米の量で、一番おいしく炊き上げることが可能です。
3合炊きの場合であると3~4人程度で、一般的な標準家庭でのご飯の量となります。
多くの家庭でもそれだけの量を炊かれることが多いため、それ専用のご飯鍋を揃えておくと良いです。
六鍋が支持されている理由は、一番選択されることが多い3合炊きに対応した土鍋が揃っているからで、口コミでも形状が良いと評判にもなっています。
また鍋質は丈夫な形で作られてることと土鍋の持つ吸収性により、米から出る余計な水分を取り除くことが可能で、おひつ代わりにも十分、利用することができます。
六鍋のコンセプトは、「火で炊くのが一番美味しく、そのための道具として土鍋がある。」ということで、グルメを唸らせるほど多くの方にも選択されている土鍋です。

関連記事

ページ上部へ戻る