ブログ

長く使い続けられるご飯鍋の選び方

ご飯鍋に関心を持っているものの、購入することは躊躇ってしまっている方が少なくありません。

ご飯鍋も土鍋の一種であるため、一般的な鍋と同じ感覚で取り扱うと、すぐに割れて使い物にならなくなってしまうのではないかという不安があるからでしょう。
そういった方でも、選び方を工夫することで安心してご飯鍋を購入して利用することが可能となります。
具体的にはまず、選ぶ際に鍋の頑丈さをよく確認すると良いでしょう。
例えば、釉薬が鍋全体に塗られているかどうかを確認してみてください。
きちんと塗られているように見えてもフタの一部分や本体の裏側などには塗られていないものもあるので、注意深く確認することが重要です。
全面がきちんと釉薬でコーティングされていると、ヒビや割れが発生しにくくなりますし、カビなども生えにくくなります。
それから、耐熱性・耐火性に優れているかどうかも確認しておきましょう。
高い耐火性・耐熱性を謳ってある商品であれば、長時間火にかけたり強い火にかけたりしても変形する心配なく使えるからです。
また、ショップのサポート体制が充実しているかどうかも確認して選ぶと良いでしょう。
頑丈な商品を選び、自分なりに注意して使っていても、うっかり鍋を破損させてしまうことはあるものです。
鍋全体が割れてしまったとなれば諦めもつきますが、鍋の端が欠けてしまったとかフタだけが壊れてしまったとかいった一部の破損であれば、鍋全体を買い換えるのはもったいないように感じてしまうでしょう。
そういったとき、サポート体制のしっかりとしたショップであれば、修理に応じてくれたり、フタのみを販売してくれたりします。
ですから、購入した商品を長く使い続けることができるのです。
土鍋専門店の六鍋では、熟練の職人が釉薬を隅々まで塗って仕上げた頑丈で耐火耐熱性に優れたご飯鍋のみを取り扱っていますし、修理やフタのみの販売も受け付けています。
購入した商品を長く大切に使い続けたい方はぜひ、六鍋の商品をチェックしてみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る