ブログ

ご飯鍋の正しい炊き方を知っておきましょう

若い年代の人はパスタやパンなどを好む人が多いですが、ふっくらとして艶がある炊きたての白いご飯を食べると、幸せな気分になる人は多いでしょう。

現代では、お値段が高めの高品質な炊飯器も数多く販売され選択の幅は広がりましたが、よりおいしいご飯を食べるために土鍋を使用してご飯を炊いている人も増えてきました。
その中でも六鍋のご飯鍋は、加熱をすると鍋の中が爆発した状態になるため、粒がふっくらとして艶があり、甘味のあるご飯が炊けるのが魅力の炊飯専用の土鍋です。
こうした特化型の鍋を使ってご飯を炊くためには、おいしい炊き方を知っておく必要があります。
ご飯を炊く前に30分程度吸水させてから、始めから強火で10分間火を入れたら、今度は弱火にしてさらに10分間、火を消して蓋をした状態で10分程度蒸らし終えると炊きたてのご飯が食べられます。
現代は仕事や育児で忙しい人が多いですが、ご飯鍋を使用すると短時間で調理ができますし、光熱費も節約できるのでお勧めです。
土鍋は間違った使い方をしたり、普段からきちんとお手入れをしたり、大切に取り扱わないと割れやすい性質がありますが、炊飯専用のご飯鍋は耐久性に優れており、丈夫で割れにくいので一度購入すると十分に活躍できます。
電気炊飯器は保温ができるため根強い人気がありますが、ご飯鍋はそのままおひつとしても使用できるので、ご飯を移す手間もなく大変便利です。
ご飯鍋で炊いたご飯は大変おいしいく、煮物や焼き魚、漬物、味付けのり、梅干しなどのおかずと相性が良いため、一日に3食を白いご飯で食べたくなるでしょう。
土鍋専門店である六鍋の鍋で炊いたご飯は冷めてもおいしいので、おにぎりにしたり、お弁当にも最適ですので、ぜひ購入してみてはいかかでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る