ブログ

何故ご飯鍋は美味しく炊き上がるのか

一般的な炊飯器でご飯を炊くよりも、土鍋でご飯を炊いた方が美味しいですが、それは熱伝導率が異なるからです。
美味しいご飯を炊く際には熱伝導率について考えなければなりませんし、一般的な炊飯器でご飯を炊く場合は急激に温度が上がってしまう為、沸騰までの時間が短いとご飯が硬くなってしまったり、また少ない甘みとなってしまいます。
逆に沸騰するまでの時間が長ければご飯に甘みがあっても、炊き上がりが悪いので食感が良く無いのです。
炊飯器は沸騰するまでの時間をコントロールしますが、火力はあまりコントロールしない特徴があります。
ちなみに土鍋は熱伝導率が優れていますし、また十分な保温性があるため、強火で最初から炊いてみると10分程度で沸騰します。
土鍋は火加減が難しいイメージがありますが、実際は炊飯器よりも簡単に扱えます。
重い蓋によって鍋の中に圧力が上がるので、一粒一粒に十分な硬さと甘みがあるため、美味しいご飯が出来上がるのです。
もし土鍋でご飯を作る場合は最初から強火でご飯を炊き、ご飯が沸騰してからは10分前後は弱火にして、後は火を止めて10分程度ご飯を蒸らすだけなので簡単です。
実際に土鍋でご飯を炊いてみるとかなり簡単ですし、ご飯が炊きあがるまでは30分程度なので、炊飯器よりも早くご飯が炊けます。
ちなみにご飯鍋によっては一合から炊くことも可能なので、このような鍋は一人で生活をしている方にお勧めです。
一人前のご飯を炊飯器で炊いて食べてみても美味しいと感じることが中々ありませんが、ご飯鍋であれば一人前でもふっくらとした美味しいご飯が完成します。
少し火を強くするだけで香りが良いおこげを作れますし、六鍋の製品であれば釉薬でコーティングされているのでお手入れが非常に簡単です。
六鍋の製品はお洒落なデザインですし、また様々なカラーも取り扱っています。
六鍋のサイトにアクセスすると様々なご飯鍋が紹介されていますし、簡単に製品の注文ができます。

関連記事

ページ上部へ戻る