ブログ

デザインに用途も全部重視!欲張りなご飯鍋の選び方

日本人の主食といえば、お米です。

そのお米をいかに簡単に、手早く美味しく炊き上げられるかが重要視され、今では炊飯特化の土鍋ご飯鍋が注目されています。
土鍋をベースとして考案されたもので、炊飯器とは違い直火でお米を炊くため、お米本来の甘みが味わえると人気の商品です。
土鍋ご飯鍋の種類も豊富になっており、特徴もさまざまあるのでとても迷いますが、どこをポイントにしてご飯鍋を選べばいいのでしょうか。
選び方を基準ごとにご紹介します。
まずは使い勝手を考えると、ご飯は毎日炊くので丈夫なものがいいです。
土鍋自体に割れやすいイメージがありますが、プロの方が利用することを想定して作られたものは真逆です。
急激な温度変化にも対応できるように、土そのものからこだわって作られているため、耐熱性に優れすぐには変形しません。
そして種類ですが、全釉といって土鍋全体に釉薬が塗られているものを選びましょう。
釉薬が全体に塗布されていることで、更に割れにくさが強化され長持ちし、カビが生えにくく、普段のお手入れが楽になります。
大半の土鍋は蓋の一部だけなど、全部に施していないため注意してください。
またサイズやデザインは、それぞれの生活を基準に決めていきます。
当たり前のことかもしれませんが、欲張って大きいサイズを選んだり、可愛さ重視で選択すると、後々に使いづらくなることがあります。
その点を補えるとすると、既製品より融通の利くセミオーダーはメリットです。
例えば、部屋の雰囲気にあった色がいい、持ち手を変えて欲しいといった、こだわりを出すことができます。
全てを兼ね備えたものを見つけるのは、なかなか難しいのですが、六鍋から出ている土鍋ご飯鍋はそれを実現しています。
実際に料理店でも使用されているので、耐久性は折り紙つきですし、手軽に誰でも利用できるような仕様にもなっています。
ご飯を美味しく食べるためのご飯鍋は、土鍋専門店の六鍋をおすすめします。

関連記事

ページ上部へ戻る