ブログ

高級鍋料理のすっぽん鍋には土鍋が魅力的

寒い冬のシーズンには、家族そろって炬燵に入って鍋を食べるというのが季節の風物詩です。

鍋料理の魅力は、旬のおいしい野菜や魚、肉などを独特の出汁を用いて味付けをすることで美味しく、しかも体自体を暖める効果を持っています。
家族で鍋を囲んで団らんを取る上では優れた料理であることは間違いありません。
なかでも滋養強壮にも良く、豊富な美容成分までも含むすっぽん鍋が存在し、高級な鍋料理としての魅力があります。
女性にとっても魅力的な栄養成分を多く含み、しかもゼラチン質の肉が美味しいと評判にもなっている鍋料理です。
江戸時代の元禄文化の全盛期から風流人に愛され、亀の様な丸い甲羅を持つ生き物であるため、丸鍋とも言われ親しまれてきた歴史もあります。
なかでも鍋料理に欠かすことができない食器には土鍋が存在し、すっぽん鍋を作る上では火力の強めのコークスの炎を用います。
土鍋自体を高熱で焼き付ける形で熱をすっぽんの身に伝え、ゼラチン質を溶け込ませてだし汁をしみ出させることで美味しいエキスがとれます。
なお土鍋は熱を具材に均一に伝える点と火を消しても余熱により冷めにくいという点があり、いつまでも温かいままの料理を堪能できるメリットがあります。
それ以外に過去に料理された味をしみ込ませることが可能で、現在のすっぽん鍋自体の味を深くする効果まで存在することは優れています。
つまり一朝一夕では生まれない味わいを堪能できる点があり、料理人が言うには土鍋を育てるという具合にメンテナンスを施すことです。
新品よりも使い古された鍋の方が優れた味を生み出す原動力となります。
すっぽん鍋では使用される炎が1600℃となり、それに耐えるべき丈夫に鍛え上げられた土鍋が必須です。
六鍋であれば、長く使用し続け割れにくく、デザイン性にも優れた鍋が揃っています。

 

関連記事

ページ上部へ戻る