ブログ

美味しいご飯を食べたいなのらご飯鍋を使う事をおすすめします

日本人の主食といえばお米を炊いたご飯ですが、最近はお米の消費量も昔に比べ減少し、ご飯以外の主食を摂る人も多くなりました。

しかし、日本人ならばご飯にこだわる人が多いというのも事実です。
しかし、美味しいご飯を毎日食卓に出すというのはなかなか大変な事です。
技術の進歩によりご飯を美味しく炊ける炊飯器はありますが、なかなか高価なもので誰でも直ぐに購入できるというものではありません。
でも、美味しいご飯を簡単に炊きたい人に、是非おすすめしたい物があります。
それが六鍋のご飯鍋です。
六鍋のご飯鍋で炊いたご飯はツヤと甘みがあり、ふっくらとし、もっちりとしたまさしく銀シャリです。
それはガスの火で炊く為で、ガスの火がご飯鍋を包むことで鍋の中が爆発状態になり、米のひと粒ひと粒が立った状態で炊かれ、鍋の厚みが均一によってムラなく熱が伝わるからです。
これは、熟練された職人の技から出来る品物だから可能なのです。
土鍋は炊飯器よりも時間がかかるイメージがありますが、実はご飯鍋で炊く方が時間も短くコスト面でもお得です。
ガスの火にかけて最初に強火で10分、次に弱火にして10分、最後に蒸らして10分で炊きあがるからです。
炊飯器ではなかなか作れないおコゲが食べたいのならば、強火の時間を少し長くすればできます。
一人暮らしには嬉しい1合の量でも美味しく炊く事ができます。
また、底面まで釉薬でコーティングされているので、他の土鍋と違いカビが生える心配もあまりないので、お手入れも簡単です。
土鍋でご飯を炊くのは時間もかかり難しいのではないかと思う人も多いですが、この六鍋のご飯鍋は手入れも炊き方もこんなに簡単で、しかも美味しく炊く事がでる優れモノなので、美味しいご飯を毎日食べたい人にはおすすめしたいです。

関連記事

ページ上部へ戻る