ブログ

専用だから美味しくできる料亭で人気のすっぽん鍋

すっぽん料理店や料亭で選ばれているのが、六鍋のすっぽん鍋です。

耐久性や耐熱性、耐火性が高い土鍋の中でも、すっぽん鍋は強い火力が必要となるすっぽん料理の特徴を生かし、丈夫で割れにくく、高温になっても変形しにくいのが特徴です。
すっぽんを調理する際は独特の臭みを消すために、大量の日本酒と生姜のしぼり汁や焼きネギなどを加えて臭いを抑えるとともに、普通の火力ではなく、強い火力で煮込むことで臭みを消すことが大切になります。
土鍋の中でも何百度ともなる高温に耐える丈夫さが必要になり、六鍋のすっぽん鍋はその耐熱性と耐火性、耐久性を兼ね備えた料亭で人気の鍋となっています。
料亭やすっぽん専門店では毎日、何度となく同じ鍋を使っていくことになりますから、業務用ならではの高い耐久性と扱いやすさが求められます。
お客様の前に出して強い火力で煮込んでも、割れることのない安心の鍋でなければなりません。
六鍋は陶板という空焚きにも耐え得る土を使用して造られており、一般的な土鍋に比べても耐久性や耐熱性はピカ一を誇り、多くの料亭や専門店で愛用されています。
お鍋の〆にはすっぽんの出汁が染み出たスープで雑炊を楽しむのが、人気のスタイルです。
六鍋のすっぽん鍋なら、野菜やすっぽんを煮込むのはもちろん、雑炊も美味しく作ることができます。
鍋に残ったスープに水を少し追加して、さっと水洗いしたご飯を加え、スープが濁らない程度にひと煮立ちさせます。
煮立ったらお好みで溶き卵を回し入れ、好みの硬さに固まったら、刻みネギなどの薬味を添えていただきます。
すっぽん鍋には使い続けるほどに、すっぽんのエキスもしみ込み、それだけでも風味が出て、最後まで美味しく召し上がることができます。

関連記事

ページ上部へ戻る