ブログ

土鍋をごはん鍋として利用

土鍋は昔から日本の調理器具として使用されていました。
昨今便利さから炊飯器を用いて炊飯しているご家庭も多いですが、あえてこの時代に美味しいごはんを召し上がるために六鍋の鍋をごはん鍋としてご利用になる人々も増加中です。
六鍋は30分でご飯を炊く事が出来ます。
コンロの直火の上に直接土鍋を載せてご飯を炊きます。
この時はごはん鍋としてご利用いただきますが、火から下ろせば
そのままお櫃として利用できますし、ご飯以外のメニューの場合ならばそのまま容器として食卓に出すことも可能なほど、外見的デザインにも優れています。
また六鍋の土鍋は直火の熱伝導率がよく蒸らす事によってごはんが非常にふっくらとしてしんのないやわらかな出来具合になります。
少量の、ちょっと食べたい分だけを手早く美味しく作る事ができる土鍋はご飯派の方には嬉しいツールです。
土鍋をごはん鍋としてご利用になると、鍋のシンプルな構造からナチュラルな保温力が保たれ、炊いたご飯が突然からからになる事もなく、美味しい状態のまま冷ご飯にもなります。
直接火にかけても割れることなく全体に上手に熱が伝わり、上塗りしてありますから洗浄時もとても手軽に綺麗に洗うことが出来ます。
ご飯といっても和風のごはんだけでなく、炊き込みご飯や洋風のパエリアやリゾットといった物からスープまでごはん鍋1つで多くのお料理がつくれるのは非常にありがたい事です。
また、そのまま食卓にだして洗いものを減らすという点でも主婦の皆さんやお一人暮らしの方には手間が省けるメリットではないでしょうか。
価格も非常にリーゾナブルですから、一生ものとしてお買い上げになるにはお勧めです。
ご自分の為、または結婚式のお祝いなどにされても喜ばれる事は間違いありません。

関連記事

ページ上部へ戻る