ブログ

六鍋のご飯鍋を愛用してます

炊飯器を利用していましたが、長年使っていたために火力が落ちてきたのか、ふっくら炊きあがらなくなってきました。

においもぬかくさい感じが抜けなくなってきたので、処分することに決めました。
ずっと気になってきたのが炊飯用の土鍋で、炊飯器の早炊きよりも時間がかからないというのもポイントになっています。
最寄りの店舗では、土鍋よりもステンレス製のご飯鍋が主流でしたが、友人から六鍋のご飯鍋を見せてもらい、これにしようと決めたのです。
ご飯が冷めても美味しかったこと、おひつとしても利用できること、冷めたらそのまま電子レンジで温められるのもいいと思いました。
六鍋のご飯鍋にはツバありとなしがありましたが、家のコンロが小さく、キッチンの保管場所も狭かったので、幅を取らないようにツバなしを選びました。
早速発注したところ、手作りのため1ヶ月ほどかかることになり、とても待ち遠しく感じたのものです。
ツバなしのご飯鍋は、丸い感じで可愛らしい形です。
重いのではと覚悟していましたが、思ったほどではありません。
通常の土鍋はひび割れ防止のためにお粥を炊くと聞いていましたが、こちらの鍋は必要ないので、すぐに炊飯に取りかかれます。
火力については、最初から強火で加熱でき、沸騰した後はとろ火で10分くらい火を入れて、その後蒸らすだけでできるので、正味30分くらいで炊きあがりました。
細かい火加減を気にすることなく炊けるので、私のような初心者でも大丈夫でした。
吹きこぼれてコンロが汚れる心配もほとんどありません。
肝心のご飯の味は、ブランド米を使っている訳ではないのに、ほんのりと甘くて艶が出てとても美味しかったです。
いつでも電子レンジで温められて、炊きたての味を再現できるのはいいと思います。
家族の帰宅時間が分かれることがありますので、父が仕事で遅くなった時でも美味しいご飯を出してあげられるので、使って良かったです。
鍋の手入れに関しても、ご飯がこびりついたり、炊き込みご飯で醤油が焦げついてしまったりしても、ぬるま湯を張ってしばらく置いておくと取れやすくなりますので、とても楽です。
洗剤やたわしを使わなくても綺麗に落とせますし、底を濡らさずに風通しの良い所で乾かすだけなので、面倒なことはありません。

関連記事

ページ上部へ戻る