ブログ

すっぽん鍋の特徴と使用する土鍋の品質について

鍋料理は調理器具の一種である土鍋に具材を入れて長時間煮込んで作る料理です。
鍋料理の中でもすっぽん鍋は希少な食材として珍重されているすっぽんを使用した高級料理として認知されています。
ぶつ切りにしたすっぽんの肉を野菜などと一緒に煮込むのが一般的な調理法ですが、料理店によっては独自のアレンジが施されるケースもあります。
すっぽん鍋は使用するすっぽんの品質で味の良し悪しが大きく変わるので、同じ名称の料理でも提供する店舗によって味が変わることを注意することを心がけます。
すっぽん鍋は高級料理と位置付けられている他、調理師の腕前で味が変わることから少量でも高額になりやすい傾向があります。
その一方で安価な輸入品のすっぽんを使用した大衆向けのすっぽん鍋も広く普及しているので、すっぽんを使用した鍋料理を味わう際は事前の確認が不可欠です。
家庭ですっぽんの鍋料理を楽しむ場合、長時間煮込む必要があるので使用する土鍋の品質に気を配ることが大切です。
土鍋は用途の性質上、長時間の加熱にも耐えられる作りになっています。
その一方で家庭での使用は水濡れや強い衝撃などの不具合が生じやすいことから、気づかない内にひび割れが生じている可能性があります。
また、鍋の内側にはコーティングの役割がある釉薬が塗られていますが、粗悪な作りの土鍋は塗りムラがあるので少しの加熱でもひび割れが生じる他、土鍋の成分が滲み出て鍋料理の味が悪くなってしまう可能性があります。
そのため、すっぽん鍋をはじめとする鍋料理を家庭で美味しく楽しむには品質が良い土鍋を選ぶことが重要です。
家庭用の土鍋は用途別に様々な種類の鍋を扱っている六鍋の製品を選ぶのが最良の選択なります。

関連記事

ページ上部へ戻る