ブログ

ふっくらもっちりと炊き上がる美味しいごはんは六鍋のご飯鍋で

お米を美味しく炊くためのポイントは、米粒にムラがなくしっかりと火が通ることがまず基本です。

せっかくの新米や高級なお米でも、一粒一粒の芯まで加熱されていなければ、ふっくらと美味しく出来上がらず勿体ないものです。
昔から、料亭や旅館などでは美味しいごはんを炊くために土鍋を使用している所も多いです。
若いママたちでも、ご飯鍋の魅力を知って炊飯器ではなく土鍋を使う人が増えてきました。
なぜご飯鍋を使うとお米が美味しく炊き上がるかというと、まず火で炊くという点がポイントです。
火が鍋を包むことで鍋の中に圧力がかかり、ムラなく全体に火が行き届きます。
そして米粒の芯まで加熱されて、さらにお米は立った状態で炊きあがるのでふっくらとした出来上がりになるのです。
土鍋で炊くとおこげができますが、そのおこげもまた香ばしくて美味しいものです。
そんな土鍋をひとつひとつ丁寧に手作りで作っているのが、六鍋です。
六鍋のご飯鍋は、よりいっそう美味しくご飯が炊けるように鍋の形状に工夫が成されています。
六鍋のご飯鍋は、カニ穴形成されています。
通常の土鍋はカニ穴がないためご飯を炊くと吹きこぼれてしまうことが多いのです。
けれどもカニ穴を作ることで吹きこぼれも防げますし、米粒も立った状態でお米も良く動いてふっくら炊き上がります。
鍋がおひつの代わりにもなって、炊き上がった後の水分も吸ってくれる点も魅力です。
底面まで釉薬がしっかりと塗られてあるので、丈夫で割れにくいでしょう。
30分で炊きあがるので光熱費の節約にもなるなど、とにかく六鍋の鍋はメリットがたくさんあるのです。
昔話に出てきそうなあたたかみのあるご飯鍋から、取っ手付きの明るい色の鍋まで、種類やデザインも豊富なのでお気に入りがきっと見つかることでしょう。
セミオーダーもしており、サイズなども希望に合った鍋がオーダーできます。
美味しいごはんを食べたいのであれば、プロも愛用している六鍋の鍋を使用してみましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る