ブログ

すっぽん鍋を料亭と変わらぬ味で食べたいのなら鍋も選ぼう

テレビ番組でよく料亭で出されるすっぽん鍋があります。
すっぽんはグロテスクで食べる事に抵抗を感じる場合もありますが、鍋にする時はグロテスクに感じられないよう切り刻まれ、むしろ美味しそうな雰囲気になります。
一度食べるとそのおいしさの虜になる人が多く、おいしいだけでなく健康や美容にも効果が期待できると人気のある鍋の一つです。
料亭で食べたすっぽんの味が忘れられなくて、家庭でまた楽しみたいと通販などで材料を購入する人も多いでしょう。
その時、あれほど感激した鍋がすこし期待外れだったと残念に思った人もいるのではないでしょうか。
もし、そうであれば鍋の違いかもしれません。
すっぽんの味を最大限に発揮する鍋が存在するのです。
それは、六鍋のすっぽん鍋です。
すっぽんは臭みがあるので普通の火力ではおいしく出来ません。
高温で調理しないと臭みが残るので強い火力が必要となります。
しかし、ホームセンターで売られているような土鍋ではそこまでの耐熱に対応していないため料亭で出されるような味を望むのは無理なのです。
六鍋のすっぽん鍋は空焚きにも耐えられる土を使用した陶板です。
その為炎の熱で割れる事が無く、保温性も優れているので沸騰した後は土鍋の保温力で最後まで温かい状態です。
一般的な土鍋の取扱説明書では、底面が濡れたままで使用しないように注意書きがされている事がありますが、六鍋のすっぽん鍋はその心配がありません。
濡れたままで火にかけてもヒビがはいることがなく、それだけ耐久性にも優れているのです。
このようにすっぽんを料理するのに適した土鍋なので、料亭やすっぽん専門料理店から信頼されています。
すっぽんは高価な食材なので、おいしく調理して食べたいものですから、お鍋にもこだわりたいものです。
お鍋が料亭や専門店と同じものであれば、お店に行かなくても家庭で同じ味を楽しむ事が出来るので経済的かもしれません。
そう考えれば、是非六鍋のすっぽん鍋を購入することをお勧めします。

関連記事

ページ上部へ戻る