ブログ

美味しいすっぽん鍋の調理ができる土鍋

寒い冬になると京都では美味しいすっぽん鍋を振る舞ってくれる料亭があります。
滋養強壮だけではなく、女性の肌がすごく喜ぶコラーゲンがたっぷり配合されたすっぽん鍋を頂くだけで体の内側から若々しくなっていきます。
まさに食べるサプリメントと言えるお鍋ですので、元気をつけたい時や美容を意識した食事をとりたい時は、すっぽんのお鍋を京都の料亭で頂きたいです。
おいしいすっぽん鍋は、家庭で普通のお鍋で作ることはまず不可能です。
専用の土鍋を使い、約1200度近い高温で煮立てるので、出来上がりの際はなべ底がマグマの状態で赤くなっています。
家庭用の調理器具で作ることが、まず不可能なので、美味しいスッポンのお鍋が食べたい時は京都の料亭で丁寧に作られた鍋を味わうことにします。
約1200度近い高温で料理をしているので、当然土鍋においては永遠に使い続けることができないです。
すっぽん鍋用に作られた専用の土鍋でも数回程度つかうだけで割れてしまうことがあります。
ほとんど使い捨てのような状態で鍋を使うので、料亭では次から次へと鍋の準備をしておかないといけないです。
素材だけではなく、調理器具にこだわりを持つことで、大勢のお客様にすっぽんのお鍋が愛されている訳です。
全ての作り手のこだわりが凝縮した鍋料理は是非特別な時に頂いてみたいです。
すっぽん料理を提供する料亭から支持を受けているのが、六鍋のすっぽん鍋です。
飴釉の伝統的な色により食欲をそそられてしまいます。
また高温調理をしても割れにくいような設計になっています。
こだわりがつまった土鍋ですので、注文から一ケ月時間がかかります。
美味しいすっぽんのお鍋ができる六鍋の土鍋で頂くと、すっぽんの濃厚な味を楽しめそうです。

関連記事

ページ上部へ戻る