ブログ

ふっくらと炊き上げたご飯を炊く上ではご飯鍋がおすすめ

現在は家電メーカーの炊飯器の開発が進化しており、お米を研いで電気釜をセットして蓋をした後にスイッチを入れるだけで簡単に炊き上げることが可能です。
通販や家電量販店でもその技術が紹介され、美味しいご飯を食べたい方にとってもこうした炊飯器を利用するのが手っ取り早く優れています。
しかし本来のご飯を炊くという原点から見ると、ご飯鍋を用いて炊くことがおすすめとなります。
その理由としては、稲作が日本に伝来した当初から行われてきた調理法である点で素材の旨さをそのままひきたたせることができるからです。
人間が最初にご飯を食べた形に近いことで、その美味しくご飯を炊けるための知恵が含まれる宝庫となっています。
先の炊飯器のメーカーもこの土鍋で炊いたご飯を目標として製品を開発した経緯もあり、その先人の知恵が詰まった炊飯方法がご飯鍋による方法でおすすめです。
ご飯鍋に用いる鍋は、主に土鍋を用いますが、それは土鍋は加熱してから鍋全体から熱が均一に中身に伝わって調理する流れになります。
つまり熱のムラが生じにくいことからじわじわと調理していく形になります。
実際にご飯鍋では最初は中火でスタートし、沸騰して鍋の蓋から湯気が出たら弱火に移行します。
少し弱めてから5分ほど様子を見て、炊きあがっていればそのまま火を止めて、20分ほど蒸らし作業を行って完了する流れとなります。
炊飯器のご飯とは異なり、鍋底のぱりぱりしたおこげなども美味しかったり、ふっくらと炊き上げることもできるので、おすすめのご飯の炊飯方法となります。
なおご飯鍋も市販で販売されているなら何でも良いということはなく、ご飯の旨味をひきだせる土鍋を用いることが肝要です。
六鍋の魅力は、丈夫な素材でデザイン性にも優れ土鍋の持つ特徴をそのまま中の素材に伝えることができます。
ご飯を美味しく炊飯するなら六鍋を活用することが大変おすすめとなります。

関連記事

ページ上部へ戻る