ブログ

家族構成やライフスタイル別に選びたいご飯鍋の選び方

近年はご飯を炊くといえば電気炊飯器か、コンビニやスーパーでレトルトパックを買ってレンジでチンするという方が少なくありません。
もっとも、日本で生まれ育ったご飯の国の方なら、炊飯器のご飯はいまいちと感じたり、パックご飯は虚しい、味気ないと感じることでしょう。
一方で定食屋や居酒屋、料理店などに行った際、そこのご飯がとびきり美味しく感じることがあるはずです。
米粒がピンと立って、ふっくらモチモチ、透き通るような白さを持つご飯を提供しているお店のほとんどが電気炊飯器ではなく、ご飯鍋を使ってガス火で炊いているのです。
有名料亭、京料理、割烹、中華などでも選ばれているご飯鍋といえば土鍋専門店の六鍋です。
お家でも料亭並みの美味しいご飯を食べたいと思ったら、六鍋を選ぶのがおすすめです。
六鍋はご飯鍋の中でも短時間で炊けるのが魅力で、30分以上浸水させたお米を炊く場合、強火で10分、弱火で10分、蒸らし10分の30分で炊きあがります。
ですから、自炊が面倒とパックご飯をしぶしぶ使っていた方も、早いからと電気炊飯器を使っていた方も、安心して選ぶことができます。
もっとも、六鍋にも様々なタイプやサイズがありますので、選び方を考えなければなりません。
選び方の優先順位としては、家族構成や食生活のライフスタイルです。
1人暮らしなら食べる量に応じて1合サイズか1.5合サイズ、お二人暮らしなら1.5合から2合、ファミリーなら3合か5合と家族構成やお子様の食欲などに合わせて選びましょう。
また、人数が多いご家庭でも普段炊く大型サイズに加えて、1人分ずつの釜飯や違った味のご飯を一度に2種類ほど炊くために小ぶりの六鍋をいくつか持つのもおすすめです。
短時間で効率的に炊け、保温性も高いのでぜひご家庭に合ったご飯鍋を選んでみましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る