ブログ

ご飯鍋が人気になっている理由

近年、ご飯を炊く目的に特化して作られた土鍋であるご飯鍋の人気が高まっています。
この鍋を使うことに慣れた方の中には、もう炊飯器を使ってご飯を炊く生活には戻れないと感じる方も少なくありません。
このように人気を呼んでいる理由としてはまず、炊飯器で炊くよりもご飯が格段に美味しく炊けることが挙げられます。
鍋でご飯を炊くと、熱が全体に行き渡ってムラ無く加熱することができます。
また、鍋の内部で米の粒がよく動いて、粒が立った状態で炊き上がるのです。
こうして炊き上がったご飯は、ツヤと甘みがしっかりと引き出された、ふっくらとした美味しいご飯になります。
この味の虜になって、土鍋で日常的にご飯を炊くようになる方が多いのです。
また、短時間で炊飯が行えることも支持されている理由の1つです。
炊飯器でご飯を炊くと、機種にもよりますが、40分から1時間程度かかるのが一般的となっています。
それに対して土鍋でご飯を炊く場合には、炊く時間だけなら20分程度で済みます。
より美味しくご飯を食べるための蒸らし時間を10分取ったとしても、合計で30分程度しかかかりません。
ですから、帰宅してからご飯の用意をし始めたとしても、すぐに食事を取れる状態になるのです。
調理時間が短くて済むということはガスをあまり使わずに済むということですから、光熱費の節約にもつながります。
ご飯を炊くにあたって、火加減に関して細かく気にする必要もありません。
米を洗って適量の水と一緒に鍋に入れてフタをしたら、強火で10分ほど加熱して沸騰させた後、弱火にしてさらに10分ほど加熱するだけでいいのです。
一般的には、少ない量のお米を炊く場合には繊細な火加減調整や時間管理が必要になるものですが、少ない量のお米も簡単に炊けるように作られている六鍋の鍋を使えば、細かい調整・管理要らずで美味しいご飯が炊けます。
ですから、火加減調整や時間管理にあまり気を使わずに手軽にお米を炊きたい方は、六鍋のご飯鍋を利用してみてはいかがででしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る