ブログ

すっぽん鍋に土鍋が最適なワケ

すっぽんは高級食材として知られていますが、独特の臭みを消すためにネギや生姜などを加えた調理法はもちろん、日本酒をたっぷり入れた鍋で高温で煮込むことがポイントになります。
日本酒のアルコールを飛ばしながら高温で煮込むことで、独特の臭みが抑えられ、誰もが美味しく召し上がれるすっぽん鍋になります。
もし、低温や普通の温度で煮ては臭みが消えず、せっかくの高級食材も食べにくい美味しくないものになってしまいます。
そのため、すっぽん鍋を行う土鍋は高温調理に耐えられるものでなければなりません。
土鍋であれば、どんなものでも高温でびくともしないわけではなく、限界が来る場合もあります。
たとえば、熱を加えて直ぐに冷水にさらして割れてしまうような土鍋では、鍋底が数百度にも昇る高温調理には耐えられない可能性もあります。
お客様の前で鍋をぐつぐつ煮て、憧れのすっぽんを食べる楽しみが高まってきたところで、目の前で鍋が割れてしまっては元も子もありません。
一般的には土鍋を焼成する際の温度よりも高い温度で調理した場合には、割れる可能性が高まります。
この点、六鍋のすっぽん鍋は普通の土鍋の温度より低い焼成温度で焼いていますので、高温調理をしても通常割れる心配はありません。
そのため、多くの料亭やすっぽん専門店で選ばれ、愛用されているのです。
割れにくさは調理時以外でも当てはまり、熱を加えて直ぐに冷水にさらしても割れにくく、忙しい厨房でも扱いやすいのが魅力です。
高温調理ができてすっぽんが美味しく仕上がり、取り扱いもしやすい丈夫さのすっぽん鍋が料亭などで信頼されている理由です。
すっぽん鍋には、耐熱性と耐火性、耐久性の高さで他の土鍋とは一線を画した六鍋が最適です。

関連記事

ページ上部へ戻る