ブログ

友人おすすめのご飯鍋を使って炊いたごはんがおいしかった

料理が上手な友人が土鍋でごはんを炊くとおいしいと話していたのです。

その友人の話を聞いて、私は土鍋に興味をもつようになったのです。
そこで、自宅にあった土鍋を使って、ごはんを炊いてみたところ、うまく炊くことが出来ず失敗してしまいました。
料理が下手な自分には、土鍋を使うのはハードルが高いとあきらめそうになってしまったのですが、友人が六鍋のご飯鍋ならば初心者でも簡単にご飯が炊けるのでおすすめと教えてくれたのです。
その話を聞き、私は六鍋のインターネットサイトをチェックしてみました。
サイト上では色々なタイプの土鍋が紹介されており、友人が勧めてくれたご飯鍋もすぐに見つけることが出来ました。
六鍋のサイトの情報によると、ご飯鍋は吹きこぼれしないような構造となっているのだそうです。
このような形状であれば、不器用な私でも使えそうだと思ったので、注文してみることにしました。
六鍋では土鍋の在庫を持たず、完全手作り受注生産システムとなっているということで、納品までに1か月かかってしまうみたいですね。
その間は、普通に炊飯器を使ってごはんを炊いていました。
そして、注文してからちょうど1か月後に、雪釉ご飯鍋が届きました。
手作りということで、素朴なデザインとなっており、どこか懐かしいような気持ちにさせてくれる土鍋でした。
その日の晩に、雪釉ご飯鍋を使ってみたところ、今度は失敗することなくごはんを炊くことが出来たのです。
もちろん、その味は電気の炊飯器で炊いたごはんとは比べ物にならないほどのおいしさでした。
家族から、高級なお米に買い替えたのかと聞かれたほどです。
とても良い土鍋を手に入れたことで、私は毎日の食事が楽しく感じられるようになりました。

関連記事

ページ上部へ戻る